コンテンツ

6b102j 組織規程

英文契約書データベース > 投資関係契約書式・定款書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

組織規程

作成部署:
作成者:

承認部署:
承認者:       

組織規程

第1章 総則

第1条 目的
この規程は、会社の経営組織、業務分掌及び職務権限に関する基本事項を定め、業務の能率的運営及び責任体制の確立を図ることを目的とする。

第2条 効力
1. この規程は、会社の事務組織の運営に関する基本規程であって、法令あるいは法令に基づく規則、定款、取締役会の決議及び特に定める規定を除き、これに抵触する他の規程等はその範囲内において無効とする。
2. この規定に反する命令、指示、その他職務に関する行為はその効力を生じないものとする。

第2章 会社の組織

第3条 会社の組織
会社には取締役会、および取締役で構成される委員会および執行役を置く。

第4条 職位の設置
1. 執行役の職位としてCEO、COO、CFOを置き必要に応じ、新たな職位をおくことができる。
2. 各職位は上位職位の指揮命令に従い、所属員を指揮監督し、その担当業務を処理する。

第5条 命令系統の統一
1. 組織は、業務につき系統的に編成するとともに、命令又は支持の経路を明確にし、その運営に当っては命令系統の統一により、業務処理の責任と能率の向上を図る。
2. 同一職位に命令し、又は指示すべき直接の監督者は原則として(    )人とする。

第6条 プロジェクトチームの設置
設備投資、製品開発、販売拡大、合理化等の重要な課題の解決のため、これに必要な権限、業務、人員、予算等を既存の組織を超えて別の組織を編成する方が有効な場合に、期間を限定して、プロジェクトチームを編成する。プロジェクトチームの編成及び運営については別に定める「プロジェクト運営規程」による。

第3章 業務分掌

第7条 分掌の原則
各組織単位は分掌の限界を守り、業務の重複又は間隙の生じないようにしなければならない。

第8条 協調
各組織単位は相互に関連ある業務について会社の業務活動が有機的に行われるよう進んで協調しなければならない。

第9条 分掌業務
各組織単位の分掌業務は、別に定める。

第4章 取締役会、委員会、執行役

第10条 取締役会
1. 取締役会は会社の業務執行の基本方針を決定し、取締役および執行役の業務執行を監督する。
2. 取締役会の運営については、別に定める「取締役会規程」による。

第11条 委員会
1. 取締役会に取締役で構成される監査、報酬、指名、戦略の各委員会を置く。
2. 委員会の運営については、別に定めるそれぞれの「委員会規程」による。

第12条 CEO
CEOは会社を代表し、取締役会の定める経営の基本方針に則り、最高経営責任者として会社経営業務の全般を統括する。

第13条 COO
1. COOは最高業務執行責任者として会社の業務執行を統括する。
2. COOはCEOが委嘱する業務を担当するとともに、CEOが不在又は事故ある時は、その職務を代行する。

第14条 CFO
CFOは、最高財務責任者として会社の財務・会計業務を統括する。

第15条 執行役
執行役は、会社の業務執行についてCEOが委嘱する業務を担当する。

第16条 相談役及び顧問
相談役及び顧問は、CEO、COO、CFOを補佐するとともに会社業務について、その意見を述べることができる。

第5章 職務権限

第17条 職務権限
各職位はその職位の遂行について責任を負うとともに、その遂行に必要な権限を有する。各職位の権限は、別に定める「職務権限規程」による。

第18条 責任 
「責任」とは、分掌された職務に伴う責任であって、各職位は、会社の経営方針並びに諸規程に基づいて、次の責任を負う。
a) 分担職務を積極的に遂行すべき責任
b) 職務遂行の結果に対する責任
c) 職務遂行の結果について、報告若しくは連絡をなすべき責任

第19条 権限
「権限」とは、会社の経営方針並びに諸規定に基づき、積極的に職務を遂行する事ができる権能の範囲であって、各職位は、次の権限を有する。
a) 企画し決済を求める権限
b) 企画若しくは申請事項の内容等につき審議することの権限
c) 自由裁量により事故の責任において決定する権限
d) 決定したことを自ら実施し、又は直属の下位職位に指示命令し、実施させる権限
e) 所管事項に関し、他の決定・命令権限のある職位に対し、専門的技術的立場より助言、勧告を行う権限
f) 職務遂行の結果を確認するために、報告若しくは連絡を求める権限

第20条 権限の尊重
各職位は組織を尊重し、他の職位の職務及び権限を侵してはならない。

第21条 権限の行使
権限は、原則として職務を遂行する立場にある職位の者が、自ら行使するものとする。

第22条 権限の委譲
各職位は自己の職務の一部をその職務遂行に必要な権限とともに下位職位に委譲することができる。ただし、その職務遂行状況並びに結果に対する監督責任を免れることは出来ない。

第23条 権限の代行
前条の権限の委譲を受けた職位は、自己の職名をもってその権限を代行するものとする。代行者は、権限代行の結果に対する責任を負うとともに、その経過並びに結果を委譲者に報告しなければならない。

第24条 報告の義務
各職位は、その職務権限を行使した結果をその上位職位及び関連する他部門の職位に報告しなければならない。

第25条 規程の改定及び管理
1. この規程の改定については、取締役会の決議による。
2. この規程の管理責任者は、(    )とする。

第26条 付則
1. 本規程は(    )年(    )月(    )日より実施する。
2. (    )年(    )月(    )日一部改訂実施した。

データベース会員ログイン