コンテンツ

6b102j 組織規程

英文契約書データベース > 投資関係契約書式・定款書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ
和文契約書の後半部は非公開。会員様は和文、英文、中文の全部を閲覧・利用可能。

組織規程

作成部署:
作成者:

承認部署:
承認者:       

組織規程

第1章 総則

第1条 目的
この規程は、会社の経営組織、業務分掌及び職務権限に関する基本事項を定め、業務の能率的運営及び責任体制の確立を図ることを目的とする。

第2条 効力
1. この規程は、会社の事務組織の運営に関する基本規程であって、法令あるいは法令に基づく規則、定款、取締役会の決議及び特に定める規定を除き、これに抵触する他の規程等はその範囲内において無効とする。
2. この規定に反する命令、指示、その他職務に関する行為はその効力を生じないものとする。

第2章 会社の組織

第3条 会社の組織
会社には取締役会、および取締役で構成される委員会および執行役を置く。

第4条 職位の設置
1. 執行役の職位としてCEO、COO、CFOを置き必要に応じ、新たな職位をおくことができる。
2. 各職位は上位職位の指揮命令に従い、所属員を指揮監督し、その担当業務を処理する。

第5条 命令系統の統一
1. 組織は、業務につき系統的に編成するとともに、命令又は支持の経路を明確にし、その運営に当っては命令系統の統一により、業務処理の責任と能率の向上を図る。
2. 同一職位に命令し、又は指示すべき直接の監督者は原則として(    )人とする。

第6条 プロジェクトチームの設置
設備投資、製品開発、販売拡大、合理化等の重要な課題の解決のため、これに必要な権限、業務、人員、予算等を既存の組織を超えて別の組織を編成する方が有効な場合に、期間を限定して、プロジェクトチームを編成する。プロジェクトチームの編成及び運営については別に定める「プロジェクト運営規程」による。

第3章 業務分掌

第7条 分掌の原則
各組織単位は分掌の限界を守り、業務の重複又は間隙の生じないようにしなければならない。

第8条 協調
各組織単位は相互に関連ある業務について会社の業務活動が有機的に行われるよう進んで協調しなければならない。

第9条 分掌業務
各組織単位の分掌業務は、別に定める。

第4章 取締役会、委員会、執行役

第10条 取締役会
1. 取締役会は会社の業務執行の基本方針を決定し、取締役および執行役の業務執行を監督する。
2. 取締役会の運営については、別に定める「取締役会規程」による。

第11条 委員会
1. 取締役会に取締役で構成される監査、報酬、指名、戦略の各委員会を置く。
2. 委員会の運営については、別に定めるそれぞれの「委員会規程」による。

第12条 CEO
CEOは会社を代表し、取締役会の定める経営の基本方針に則り、最高経営責任者として会社経営業務の全般を統括する。

第13条 COO
1. COOは最高業務執行責任者として会社の業務執行を統括する。
2. COOはCEOが委嘱する業務を担当するとともに、CEOが不在又は事故ある時は、その職務を代行する。

「6b102j 組織規程」の英文を購入する
<<ご購入手続きへ>>

商品内容は契約書の和文と英文のテキストデータです。LZH圧縮ファイルをダウンロードしてのご利用となります。「6b102j 組織規程」の和文・英文のペアです。
金額は購入画面でご確認ください。

会員登録して「6b102j 組織規程」を利用する
<<会員登録について>>

【会員のご登録がお済みの方は右のログインフォームからログインしてご利用下さい。】

データベース会員ログイン