コンテンツ

3a015j 代理店契約書(締約)2

英文契約書データベース > 代理店関係契約書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ
この契約書の中文へ
和文契約書の後半部は非公開。会員様は和文、英文、中文の全部を閲覧・利用可能。

締約代理店契約書

本契約は、( )年( )月( )日、( )法に基づいて設立され現存する法人で、その主たる営業所を( )に有する( )(本契約中にて以下「会社」と称する)と、( )法に基づいて設立され現存する法人で、その主たる営業所を( )に有する( )(本契約中にて以下「代理店」と称する)との間において締結され、
以下のことを証する。
会社は、世界中で種々の( )の製造、販売及び頒布業務に長く従事しており、
代理店は、( )の( )における販売のための総代理店として代理店を正式に承認することを会社に要求しており、
会社及び代理店は、代理業務及びその諸条件に関してありうる紛争、意見の相違を除去するために書面による合意の必要性を認識しているので、
よってここに、以下の通り合意する。

第1条 代理店の指名
会社は、本契約により、契約地域における契約品の会社に代わっての販売のためのその総代理店として代理店を指名し、代理店は、この指名を受諾する。

第2条 契約品
1. 本契約に基づく契約品は、会社が製造する( )及び( )の製造する( )に限定されるものとする(本契約中にて以下契約品と称する)。
2. 買い手との契約の前に、代理店は、買い手と協議し、会社が代理店に提供したアプリケーションマニュアルに従い、契約品のアプリケーションを設定するものとする。アプリケーションは、書面様式で買い手が確定するものとし、代理店は、契約する以前に会社に当該様式を提出するものとする。

第3条 販売地域
販売地域とは、( )を意味するものとし、( )を含まないものとする(本契約中にて以下「契約地域」と称する)。

第4条 直接連絡
本契約中には、会社が適当と考える方法及び時期に、会社が買い手と直接連絡をとることを妨げるものは含まれていない。

第5条 競業
代理店は、会社から入手する契約品と競合するいかなる商品をも取扱わないものとする。

第6条 代理店の責務
代理店は、
1. 会社の現在の買い手及び契約地域内の他の潜在的買い手から契約品の注文を集める最善の努力をつくすものとし、並びに
2. 会社の売約書式を用いて会社のためにそれらと販売契約を締結するものとする。
3. 会社に対する買い手からの支払いに関する信用状を手配する。買い手のために会社から契約品の引渡しを受け、各売買契約に従い、その買い手へ当該契約品を運送するものとする。
4. 会社に定期的又は、不定期的に下記に関する情報を提供するものとする。
a) 契約地域における契約品の販売に関する市場動向及び競合状況、
b) 契約品に関する苦情及びクレーム、
c) 契約品について及び関連する特許侵害、
d) その他会社が随時要求する情報、
5. 会社の要求又は代理店の裁量で契約品の修理役務等の技術役務を買い手に行うものとするが、但し、会社は、代理店の技術能力を超える当該役務を行うことを代理店に要求しない。

第7条 買い手の信用状態
代理店は、善良な商慣習に従い、買い手の信用状態を確かめるものとする。

第8条 保守
代理店は、最も適当と思われる場所に、適切な設備を配置するものとし、契約品を修理し、点検し、保守する役務を買い手に行うものとする。

第9条 在庫
代理店は、会社が販売する契約品が常に正しく修理され、良好な状態で機能し続けるようにするために、会社が随時指示する水準に、必要な修理部分の在庫を絶え間なく在庫中に備えておくものとする。

第10条 独立性
代理店の自営及び独立の地位は、本契約により影響されないものとする。代理店は、自己の責任で、その営業及び旅行計画を立て、実行し、労働時間計画に拘束されず、本契約中にて合意されたもの以外の会社からの指示に従わないものとする。

第11条 最低販売
本契約に基づく代理店の独占的権利は、代理店により達成される以下の最低販売額を条件とするものとする。
a) 本契約初年度の各半年間に( )
b) 本契約2年目の各半年間に( )
c) 以降の各半年間に( )
本契約の初年度は、本契約の署名後の暦年度とする。
代理店が3連続の半年間に上記の最低販売額を達成できなかった場合、会社は、( )日の通知を与えることにより、本契約を終了するか独占を非独占に転換できるものとする。

第12条 手数料
1. 契約品の販売を促進し、実現するために本契約に基づいて会社に対して行う代理店の役務の対価として、会社は( )で買い手との販売契約に定めた契約価格の( )に相当する手数料を代理店に支払うものとする。
2. 契約品保証期間中会社のために代理店が支出した修理の料金又はいかなる費用も、代理店から当該料金又は費用のインボイスを受領した時点で、会社により代理店に支払われるものとする。

第13条 手数料の支払い
1. 代理店の手数料の請求権は、会社が契約品のインボイスを作成することをもって発生するものとする。会社は、翌月の( )日までに支払うべき手数料の四半期の計算書を用意し、翌月の( )日までに特定額を送金するものとする。
2. 代理店の要求により、会社は、確定注文について、それにより見込まれる手数料の( )までを前払いすることができる。
3. 代理店は、会社の登録された事務所において関連記録を監査することができる。この目的のため、代理店は、自己の費用で信頼できる会計士を指定することができる。会社の業務記録の当該監査は、代理店及び/又はその指定する者により秘密の厳守を条件とするものとする。

第14条 経費
1. 代理店は、事務所の維持、従業員の雇用、旅行、郵便、電話等の本契約に基づく代理店業務の遂行から発生するすべての費用及び経費を負担するものとする。
2. 契約品の船積費用及び輸送リスクは会社が負担するものとする。