コンテンツ

8a115j エスクロー契約書

英文契約書データベース > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ
和文契約書の後半部は非公開。会員様は和文、英文、中文の全部を閲覧・利用可能。

エスクロー契約書

本契約(以下「本契約」と称する)は、(   )年(  )月(  )日付で、(             )(以下「AAA」と称する)と、(             )(以下「預託者」と称する)と、本契約書に添付の承諾書に署名した他の当事者(以下「優先受益者」と称する)との間で締結されるものである。AAA、預託者および優先受益者を、本契約書においては当事者(以下「当事者」と称する)と称することがある。

A.預託者および優先受益者は、預託者の特定の独自技術に関する、ライセンス契約、開発契約および/もしくは他の契約(本契約においては「本ライセンス契約」と称する)を締結済みである、または、将来、締結する予定である。

B.預託者は、特定の限られた状況下を除いて預託者の独自技術が開示されることを防ぐことを希望している。

C.優先受益者の事業運営において預託者の独自技術を利用することが非常に重要であり、したがって、優先受益者は、特定の限られた状況下でその独自技術を利用する必要がある。

D.預託者および優先受益者は、預託者の独自技術関連素材の保管、管理および利用管理を計るエスクローをAAAに設定することを希望している。

E.各当事者は、(            )に従い、本ライセンス契約に本契約を追加することを希望している。

第1条 預託
1.1 預託する義務
各当事者が本契約に署名すると同時に(承諾書および、当初勘定を明記した別紙Dの署名を含む)、預託者は、本ライセンス契約書で預託が義務づけられている独自技術関連素材および他の素材(以下「預託対象素材」と称する)をAAAに引き渡すものとする。AAAに預託すべき素材が本ライセンス契約書に明記されていない場合、当該素材を別紙Aに明記することとする。別紙Aが該当する場合、預託者および優先受益者が別紙Aを作成し署名することとする。AAAは、別紙Aの作成、正確さ、発効、署名、引き渡しまたは有効性について一切の義務を負わないものとする。

1.2 有形媒体の識別
預託者は、預託対象素材をAAAに引き渡す前に、預託対象素材を書き込むまたは保存する先の各文書、磁気テープ、ディスクその他媒体に、識別のために目立つように表示するものとする。さらに、預託者は、本契約書の別紙Bに、それぞれの当該媒体の、項目の表示内容、媒体の種類および数量を列記するものとする。預託者は、別紙Bに署名し、預託対象素材と共に別紙BをAAAに引き渡すものとする。預託者がAAAに最初の預託を行わない限り、かつ、預託者がAAAに最初の預託を行うまで、AAAは、本契約に関していかなる義務も負わないものとする(ただし、下の2.2項で要求されている勘定の状態について各当事者に通知する義務は除く)。

1.3 エスクロー勘定名の表示
本契約の締結時、または、預託者が上の1.2項に従ってAAAに最初の預託を行う時、預託者は、預託対象素材が書き込まれたまたは保存された当初勘定を明記した別紙Dに記入し署名するものとする。本契約の署名後になされた新規勘定名に言及した新たな預託であって、預託者が別の勘定に保有し当初勘定とは別に維持することを意図するが本契約の一部としてなされたものについては、預託者が別紙Eに明記するものとし、預託者およびAAAは別紙Eに署名するものとする。

1.4 預託の受理
AAAが預託対象素材を受け取った時、AAAは、目視による預託物検査を行うこととする。預託物検査が完了した時点で、媒体の表示が別紙Bに明記された項目の明細および数量と一致しているとAAAが判断した場合、AAAは、別紙Bに日付を記入して署名し、そのコピーを預託者および優先受益者に郵送することとする。表示が別紙Bの項目の明細または数量と一致していないとAAAが判断した場合、AAAは、(a)不一致を別紙Bに書面で明記し、(b)別紙Bに日付を記入して署名し、例外事項を明記し、(c)別紙Bのコピーを預託者および優先受益者に郵送することとする。AAAが別紙Bに署名した時点で、AAAが預託を受理したことになる。署名入りの別紙Bを優先受益者に引き渡すと、AAAが預託対象素材を受領し受理したことを優先受益者に通知することになる。AAAによる預託対象素材の検査を除き、AAAは、預託対象素材の正確さ、完全さ、機能性、パフォーマンスまたは非パフォーマンスについて一切義務を負わないものとする。

1.5 預託者の表明
預託者は、本契約の期間中、以下の通り表明する。
a.預託者は、AAAに預託されたすべての預託対象素材を合法的に所有している。
b.すべての預託対象素材および、本契約の1.6項に従って検証のみを目的として提供されたあらゆる素材につき(以下「試験対象素材」と称する)、預託者は、本契約書に定められた通りの権利をAAAおよび優先受益者に付与する権利および権限を有する。ただし、本契約の1.6項に従ってAAAまたはAAAの独立請負人が預託対象素材または試験対象素材を使用することは合法的であり、第三者の権利の侵害にはあたらない。
c.本契約の発効日時点で、預託対象素材には先取特権または抵当権は設定されていない。ただし、本契約の発効後に設定された先取特権または抵当権は、本契約上のAAAの権利および義務を禁止、制限または変更しない。
d.預託対象素材は、本ライセンス契約、別紙Aまたは別紙Bのいずれか(適宜)に明記された独自技術その他素材から構成されている。
ならびに、
e.預託対象素材は、現在の形で読むことができ、かつ使用することができる。また、預託対象素材の一部が暗号化されている場合、暗号解読ツールおよび暗号解読キーも預託されている。

1.6 利用可能な検証サービス
AAAおよび優先受益者は、優先受益者から書面での要求を受け次第、別のプロポーザル契約(以下「作業指示書」と称する)を締結することができる。AAAは、一定の条件に従い、当該作業指示書に基づいて、添付の技術検証オプションに明記された検証レベルに即して預託対象素材を検査することに同意することとする。預託者は、添付の技術検証オプションに明記されたレベルの検証をAAAが行うことに同意する。預託者は、合理的に必要な場合、預託者の施設、コンピュータ・ソフトウェア・システムおよび技術・サポート要員を検証用に提供することにより、AAAに合理的に協力するものとする。預託対象素材がAAAに引き渡された後に検証が行われる場合、AAA、または、AAAの選択により、AAAが選んだ独立請負人もしくは企業のみが、検証を行うことができる。

1.7 預託物のアップデート
本ライセンス契約に別段の定めがない限り、預託者は、本ライセンス契約が適用される製品の新バージョンが発売されるごとに、当該発売から(    )日以内に預託対象素材をアップデートするものとする。かかるアップデートについては、既存の預託物に加えることとする。預託物のすべてのアップデートを新しい別紙Bに記載するものとし、預託者は、この新しい別紙Bに署名するものとする。各別紙Bを、同じエスクロー勘定内で別々に保管・維持することとする。別紙Bごとに活動を記録する別個の記録を作成することとする。預託物のアップデートについては、上の1.2項から1.5項までに従って保管するものとする。本契約書における預託対象素材には、当初の預託対象素材およびあらゆるアップデートを含むものとする。

1.8 預託対象素材の移動
預託者および優先受益者が署名した指示書によらない限り、または、本契約に別段の定めがない限り、預託対象素材を移動および/または交換してはならない。

第2条 守秘義務および記録維持
2.1 守秘義務
AAAは、預託対象素材の秘密を合理的に保護する義務を負うものとする。本契約または、各当事者間における後の契約に定めがない限り(1.6項などを含む)、AAAは、預託対象素材を開示、移転、提供または使用してはならない。AAAは、本契約の条件を第三者に開示してはならない。AAAが、預託対象素材の開示または公開に関して、裁判所または他の裁決機関から召喚状その他命令書を受領した場合、AAAは、法律で禁止されている場合を除き、本契約の各当事者にただちに通知することとする。当該命令に対して異議を唱えるのは、預託者および/または優先受益者の責任であるものとする。ただし、AAAは、当該命令に関してAAAの立場を明らかにする権利を放棄しない。AAAは、裁判所または他の裁決機関からの命令(下の7.6項に従ってなされた通知などを含む)に背くことを要求されないこととする。
2.2 現状報告書
AAAは、勘定の履歴の概略を記した報告書を半年ごとに、預託者および優先受益者に提出するものとする。

第3条 コピーを作成する権利
3.1 コピーを作成する権利
AAAは、本契約の履行に合理的に必要な場合、預託対象素材のコピーを作成する権利を有するものとする。AAAは、預託対象素材に含まれた著作権、秘密保持および他の財産権に関するすべての表示・表題を、AAAが作成したコピーに複写するものとする。預託者は、すべての預託対象素材をAAAに提出した後、預託対象素材を複製するために合理的に必要なあらゆる指導を行うものとする(必要とされるハードウェアおよび/またはソフトウェアの提供などを含む)。コピー作成要求の結果としてAAAに発生した複複製費用については、コピーを要求した者が負担することとする。または、AAAは、AAAが本契約を履行するために、預託対象素材を速やかにコピーする際に合理的に協力するよう預託者に要請することができる。

第4条 預託物の引き渡し
4.1 引き渡し状態
本契約においては、「引き渡し状態」とは下記に該当する場合を意味するものとする[取引ごとに個別に作成すること]。
a.預託者が本ライセンス契約に従って課せられた義務を履行しない場合。
b.預託者が一般的な過程で事業を継続しない場合。
c.預託者と優先受益者が共同で書面による指示を出した場合。

4.2 引き渡しの申請
引き渡し状態に該当すると優先受益者が誠実に考える場合、優先受益者は、引き渡し状態に該当する状況の発生および預託対象素材の引き渡し要求をAAAに書面で通知することができる。かかる通知については、優先受益者が署名するものとし、レターヘッドのある便箋を使用するものとする。AAAが独自に、または当事者を通じて、本項に従うために追加のドキュメンテーションまたは情報が必要であると認めた場合または気づいた場合を除き、AAAは、通知のコピーを宅配便にて預託者にただちに送付するものとする。追加のドキュメンテーションまたは情報に対してかかる必要性がある場合、AAAが本項に基づいて履行する期間が延長されることがある。

4.3 逆の指示
預託者は、AAAが預託対象素材の引き渡しを要求する通知を送付した日から十(10)営業日以内に、逆の指示(以下「逆の指示」と称する)をAAAに出すことができる。逆の指示とは、引き渡し状態に該当する状況が発生していないまたは治癒されたことを預託者が書面で表明することを意味するものとする。逆の指示については、預託者が署名するものとし、レターヘッドのある便箋を使用するものとする。AAAは、逆の指示を受領次第、そのコピーを宅配便にて優先受益者にただちに送付するものとする。さらに、AAAは、本契約の7.4項に基づいて解決すべき紛争が発生していることを預託者と優先受託者の双方に通知するものとする。AAAは、本契約の5.2項に従い、(a)預託者および優先受益者から共同での指示が出るまで、(b)7.4項に従って紛争が解決されるまで、または、(c)管轄裁判所から命令が出るまで、預託対象素材を引き渡さずに保管し続けることとする。

4.4 預託物の引き渡し
AAAに預託者からの逆の指示が届かない場合、AAAは、預託対象素材を優先受益者に引き渡すことができる。または、預託に複数の受益者が登録されている場合、預託対象素材のコピーを優先受益者に引き渡すことができる。ただし、AAAは、引き渡す前にAAAに対して支払い義務が発生していた料金を受け取ることができる。複写費用は、優先受益者に請求することができる。かかる引き渡しが行われると同時に、引き渡しに関与した預託者および優先受益者に関係するエスクロー協定は終了することとする。

4.5 引き渡し後に使用する権利
本ライセンス契約に別段の定めがない限り、本第4条に従って預託対象素材が引き渡されると同時に、優先受益者は、本ライセンス契約によって優先受益者に提供された利益を継続することのみを目的として預託対象素材を使用する権利を有するものとする。優先受益者は、引き渡された預託対象素材を秘密扱いする義務を負うものとする。