コンテンツ

8a115j エスクロー契約書

国際ビジネス支援DB > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

エスクロー契約書

本契約(以下「本契約」と称する)は、(   )年(  )月(  )日付で、(             )(以下「AAA」と称する)と、(             )(以下「預託者」と称する)と、本契約書に添付の承諾書に署名した他の当事者(以下「優先受益者」と称する)との間で締結されるものである。AAA、預託者および優先受益者を、本契約書においては当事者(以下「当事者」と称する)と称することがある。

A.預託者および優先受益者は、預託者の特定の独自技術に関する、ライセンス契約、開発契約および/もしくは他の契約(本契約においては「本ライセンス契約」と称する)を締結済みである、または、将来、締結する予定である。

B.預託者は、特定の限られた状況下を除いて預託者の独自技術が開示されることを防ぐことを希望している。

C.優先受益者の事業運営において預託者の独自技術を利用することが非常に重要であり、したがって、優先受益者は、特定の限られた状況下でその独自技術を利用する必要がある。

D.預託者および優先受益者は、預託者の独自技術関連素材の保管、管理および利用管理を計るエスクローをAAAに設定することを希望している。

E.各当事者は、(            )に従い、本ライセンス契約に本契約を追加することを希望している。

第1条 預託
1.1 預託する義務
各当事者が本契約に署名すると同時に(承諾書および、当初勘定を明記した別紙Dの署名を含む)、預託者は、本ライセンス契約書で預託が義務づけられている独自技術関連素材および他の素材(以下「預託対象素材」と称する)をAAAに引き渡すものとする。AAAに預託すべき素材が本ライセンス契約書に明記されていない場合、当該素材を別紙Aに明記することとする。別紙Aが該当する場合、預託者および優先受益者が別紙Aを作成し署名することとする。AAAは、別紙Aの作成、正確さ、発効、署名、引き渡しまたは有効性について一切の義務を負わないものとする。

1.2 有形媒体の識別
預託者は、預託対象素材をAAAに引き渡す前に、預託対象素材を書き込むまたは保存する先の各文書、磁気テープ、ディスクその他媒体に、識別のために目立つように表示するものとする。さらに、預託者は、本契約書の別紙Bに、それぞれの当該媒体の、項目の表示内容、媒体の種類および数量を列記するものとする。預託者は、別紙Bに署名し、預託対象素材と共に別紙BをAAAに引き渡すものとする。預託者がAAAに最初の預託を行わない限り、かつ、預託者がAAAに最初の預託を行うまで、AAAは、本契約に関していかなる義務も負わないものとする(ただし、下の2.2項で要求されている勘定の状態について各当事者に通知する義務は除く)。

1.3 エスクロー勘定名の表示
本契約の締結時、または、預託者が上の1.2項に従ってAAAに最初の預託を行う時、預託者は、預託対象素材が書き込まれたまたは保存された当初勘定を明記した別紙Dに記入し署名するものとする。本契約の署名後になされた新規勘定名に言及した新たな預託であって、預託者が別の勘定に保有し当初勘定とは別に維持することを意図するが本契約の一部としてなされたものについては、預託者が別紙Eに明記するものとし、預託者およびAAAは別紙Eに署名するものとする。

1.4 預託の受理
AAAが預託対象素材を受け取った時、AAAは、目視による預託物検査を行うこととする。預託物検査が完了した時点で、媒体の表示が別紙Bに明記された項目の明細および数量と一致しているとAAAが判断した場合、AAAは、別紙Bに日付を記入して署名し、そのコピーを預託者および優先受益者に郵送することとする。表示が別紙Bの項目の明細または数量と一致していないとAAAが判断した場合、AAAは、(a)不一致を別紙Bに書面で明記し、(b)別紙Bに日付を記入して署名し、例外事項を明記し、(c)別紙Bのコピーを預託者および優先受益者に郵送することとする。AAAが別紙Bに署名した時点で、AAAが預託を受理したことになる。署名入りの別紙Bを優先受益者に引き渡すと、AAAが預託対象素材を受領し受理したことを優先受益者に通知することになる。AAAによる預託対象素材の検査を除き、AAAは、預託対象素材の正確さ、完全さ、機能性、パフォーマンスまたは非パフォーマンスについて一切義務を負わないものとする。

1.5 預託者の表明
預託者は、本契約の期間中、以下の通り表明する。
a.預託者は、AAAに預託されたすべての預託対象素材を合法的に所有している。
b.すべての預託対象素材および、本契約の1.6項に従って検証のみを目的として提供されたあらゆる素材につき(以下「試験対象素材」と称する)、預託者は、本契約書に定められた通りの権利をAAAおよび優先受益者に付与する権利および権限を有する。ただし、本契約の1.6項に従ってAAAまたはAAAの独立請負人が預託対象素材または試験対象素材を使用することは合法的であり、第三者の権利の侵害にはあたらない。
c.本契約の発効日時点で、預託対象素材には先取特権または抵当権は設定されていない。ただし、本契約の発効後に設定された先取特権または抵当権は、本契約上のAAAの権利および義務を禁止、制限または変更しない。
d.預託対象素材は、本ライセンス契約、別紙Aまたは別紙Bのいずれか(適宜)に明記された独自技術その他素材から構成されている。
ならびに、
e.預託対象素材は、現在の形で読むことができ、かつ使用することができる。また、預託対象素材の一部が暗号化されている場合、暗号解読ツールおよび暗号解読キーも預託されている。

1.6 利用可能な検証サービス
AAAおよび優先受益者は、優先受益者から書面での要求を受け次第、別のプロポーザル契約(以下「作業指示書」と称する)を締結することができる。AAAは、一定の条件に従い、当該作業指示書に基づいて、添付の技術検証オプションに明記された検証レベルに即して預託対象素材を検査することに同意することとする。預託者は、添付の技術検証オプションに明記されたレベルの検証をAAAが行うことに同意する。預託者は、合理的に必要な場合、預託者の施設、コンピュータ・ソフトウェア・システムおよび技術・サポート要員を検証用に提供することにより、AAAに合理的に協力するものとする。預託対象素材がAAAに引き渡された後に検証が行われる場合、AAA、または、AAAの選択により、AAAが選んだ独立請負人もしくは企業のみが、検証を行うことができる。

1.7 預託物のアップデート
本ライセンス契約に別段の定めがない限り、預託者は、本ライセンス契約が適用される製品の新バージョンが発売されるごとに、当該発売から(    )日以内に預託対象素材をアップデートするものとする。かかるアップデートについては、既存の預託物に加えることとする。預託物のすべてのアップデートを新しい別紙Bに記載するものとし、預託者は、この新しい別紙Bに署名するものとする。各別紙Bを、同じエスクロー勘定内で別々に保管・維持することとする。別紙Bごとに活動を記録する別個の記録を作成することとする。預託物のアップデートについては、上の1.2項から1.5項までに従って保管するものとする。本契約書における預託対象素材には、当初の預託対象素材およびあらゆるアップデートを含むものとする。

1.8 預託対象素材の移動
預託者および優先受益者が署名した指示書によらない限り、または、本契約に別段の定めがない限り、預託対象素材を移動および/または交換してはならない。

第2条 守秘義務および記録維持
2.1 守秘義務
AAAは、預託対象素材の秘密を合理的に保護する義務を負うものとする。本契約または、各当事者間における後の契約に定めがない限り(1.6項などを含む)、AAAは、預託対象素材を開示、移転、提供または使用してはならない。AAAは、本契約の条件を第三者に開示してはならない。AAAが、預託対象素材の開示または公開に関して、裁判所または他の裁決機関から召喚状その他命令書を受領した場合、AAAは、法律で禁止されている場合を除き、本契約の各当事者にただちに通知することとする。当該命令に対して異議を唱えるのは、預託者および/または優先受益者の責任であるものとする。ただし、AAAは、当該命令に関してAAAの立場を明らかにする権利を放棄しない。AAAは、裁判所または他の裁決機関からの命令(下の7.6項に従ってなされた通知などを含む)に背くことを要求されないこととする。
2.2 現状報告書
AAAは、勘定の履歴の概略を記した報告書を半年ごとに、預託者および優先受益者に提出するものとする。

第3条 コピーを作成する権利
3.1 コピーを作成する権利
AAAは、本契約の履行に合理的に必要な場合、預託対象素材のコピーを作成する権利を有するものとする。AAAは、預託対象素材に含まれた著作権、秘密保持および他の財産権に関するすべての表示・表題を、AAAが作成したコピーに複写するものとする。預託者は、すべての預託対象素材をAAAに提出した後、預託対象素材を複製するために合理的に必要なあらゆる指導を行うものとする(必要とされるハードウェアおよび/またはソフトウェアの提供などを含む)。コピー作成要求の結果としてAAAに発生した複複製費用については、コピーを要求した者が負担することとする。または、AAAは、AAAが本契約を履行するために、預託対象素材を速やかにコピーする際に合理的に協力するよう預託者に要請することができる。

第4条 預託物の引き渡し
4.1 引き渡し状態
本契約においては、「引き渡し状態」とは下記に該当する場合を意味するものとする[取引ごとに個別に作成すること]。
a.預託者が本ライセンス契約に従って課せられた義務を履行しない場合。
b.預託者が一般的な過程で事業を継続しない場合。
c.預託者と優先受益者が共同で書面による指示を出した場合。

4.2 引き渡しの申請
引き渡し状態に該当すると優先受益者が誠実に考える場合、優先受益者は、引き渡し状態に該当する状況の発生および預託対象素材の引き渡し要求をAAAに書面で通知することができる。かかる通知については、優先受益者が署名するものとし、レターヘッドのある便箋を使用するものとする。AAAが独自に、または当事者を通じて、本項に従うために追加のドキュメンテーションまたは情報が必要であると認めた場合または気づいた場合を除き、AAAは、通知のコピーを宅配便にて預託者にただちに送付するものとする。追加のドキュメンテーションまたは情報に対してかかる必要性がある場合、AAAが本項に基づいて履行する期間が延長されることがある。

4.3 逆の指示
預託者は、AAAが預託対象素材の引き渡しを要求する通知を送付した日から十(10)営業日以内に、逆の指示(以下「逆の指示」と称する)をAAAに出すことができる。逆の指示とは、引き渡し状態に該当する状況が発生していないまたは治癒されたことを預託者が書面で表明することを意味するものとする。逆の指示については、預託者が署名するものとし、レターヘッドのある便箋を使用するものとする。AAAは、逆の指示を受領次第、そのコピーを宅配便にて優先受益者にただちに送付するものとする。さらに、AAAは、本契約の7.4項に基づいて解決すべき紛争が発生していることを預託者と優先受託者の双方に通知するものとする。AAAは、本契約の5.2項に従い、(a)預託者および優先受益者から共同での指示が出るまで、(b)7.4項に従って紛争が解決されるまで、または、(c)管轄裁判所から命令が出るまで、預託対象素材を引き渡さずに保管し続けることとする。

4.4 預託物の引き渡し
AAAに預託者からの逆の指示が届かない場合、AAAは、預託対象素材を優先受益者に引き渡すことができる。または、預託に複数の受益者が登録されている場合、預託対象素材のコピーを優先受益者に引き渡すことができる。ただし、AAAは、引き渡す前にAAAに対して支払い義務が発生していた料金を受け取ることができる。複写費用は、優先受益者に請求することができる。かかる引き渡しが行われると同時に、引き渡しに関与した預託者および優先受益者に関係するエスクロー協定は終了することとする。

4.5 引き渡し後に使用する権利
本ライセンス契約に別段の定めがない限り、本第4条に従って預託対象素材が引き渡されると同時に、優先受益者は、本ライセンス契約によって優先受益者に提供された利益を継続することのみを目的として預託対象素材を使用する権利を有するものとする。優先受益者は、引き渡された預託対象素材を秘密扱いする義務を負うものとする。

第5条 契約期間および契約の解除
5.1 契約期間
本契約の当初期間は(  )年間である。その後、本契約は1年ごとに自動的に更新されるものとする。ただし、(a)預託者および優先受益者が本契約を解除することを書面にて共同でAAAに伝達した場合、または、(b)AAAが、5.2項に基づく不払いを理由として本契約が解除されることを、更新日より後に預託者および優先受益者に書面にて伝達した場合は除く。さらに、(c)AAAは、理由の如何を問わず(ただし、不払いは除く)、本契約を解除する意向を(    )日前に預託者および優先受益者に書面で通知することにより、本契約を解除する権利を留保する。預託対象素材にAAAとの別のエスクロー契約が適用される場合、AAAは、当初の(  )年間の後、その時点でかかる他のエスクロー協定の応当日として一般的な日に合わせるために、本契約の応当日を調整する権利を留保する。

5.2 不払いを理由とする解除
AAAに対して支払われるべき料金の不払いがあった場合、AAAは、本契約の全当事者に延滞を書面で通知するものとする。かかる延滞の影響を受ける本契約の当事者は、不履行を治癒するためにAAAに支払いを行う権利を有するものとする。かかる通知の日から(    )ヵ月以内にAAAが期日経過分の全額を受領しない場合であって、延滞当事者に関係するとき、AAAは、影響を受けたかかる当事者に解除通知書を送付することにより、その後随時、本契約を解除する権利を有するものとする。AAAは、AAAに対して支払われるべき金額が未払いの間は本契約に基づく行動を取る義務を一切負わないものとする。

5.3 解除時の預託対象素材の処分
AAAは、上記の解除規定に従い、かつ、本契約の解除時に、預託者の指示に従って預託対象素材の破棄、返却または引き渡しを行うものとする。指示がない場合、AAAは、独断により、預託対象素材を破棄するか、預託者に返却することができる。預託対象素材にAAAとの別のエスクロー契約が適用される場合、または、4.4項に従って預託対象素材が優先受益者に引き渡されていた場合、AAAは、預託対象素材を破棄または返却する義務を負わないものとする。

5.4 解除後の条件の存続
本契約の下記の各規定は、本契約の解除後も存続するものとする。
a.預託対象素材に関する守秘義務。
b.支払い義務のある料金および費用をAAAに支払う義務。
c.第7条の規定。
d.本契約の規定のうち、本契約の解除後も存続することが明確に述べられているもの。

第6条 AAAの料金
6.1 料金表
AAAは、提供したサービスに適用されるAAAの標準料金および経費の支払いを受けることができる。AAAは、AAAの料金の値上げから(    )日以上前に、AAAの料金を支払う責任がある当事者に通知するものとする。AAAの標準料金表に記載されていないサービスについては、AAAは、要求された場合、サービスを提供する前に見積りを出すこととする。
6.2 支払い条件
AAAは、サービス(第4条に基づく預託対象素材の引き渡しを含む)につき、当該サービスに関する支払いおよびAAAに対して支払われるべき未払い残高の全額が支払われない限り、実行することを要求されないものとする。当初料金については、署名入りの契約書の受領または預託対象素材の受領のいずれか早く到来した時点で支払うものとする。すべての更新およびサービスに関する請求書についての支払いは、請求日から正味(    )日以内に行うものとする。請求された料金の支払いが行われない場合、AAAは、5.2項に従って本契約を解除することができる。

第7条 責任および紛争
7.1 指示を信用する権利
AAAは、本物であるとAAAが合理的に考える指示、証書または署名を信用して行動することができる。AAAは、本契約の当事者の従業員が、書面での通知、要求または指示を行った場合、当該従業員がその権限を有していると想定することができる。AAAは、いずれかの通知または文書に明記された文言または表明につき、真実の究明または利益の評価を要求されないこととする。AAAは、AAAの合理的な支配を超えた事由による不作為について責任を負わないものとする。

7.2 補償
預託者および優先受益者はそれぞれ、本エスクロー契約に何らかの点で関係してAAAに発生したあらゆる請求、訴訟、損害賠償、仲裁手数料・経費、費用、弁護士報酬および他の責任(以下「本責任」と称する)につき、AAAを法的責任から免除することに同意する。ただし、AAAに重過失の行為または故意の違法行為があったとの判決が下った場合は除く。

7.3 責任の限定
AAAは、本契約に起因または関連する、付随的、間接的、特別的、懲罰的または派生的損害賠償につき、予測可能であるか予測不能であるかを問わず、いかなる場合も責任を負わないこととする。かかる損害賠償には、損害(データ、収益および/もしくは利益の逸失を含む)、費用または経費(訴訟の費用・経費を含む)などが含まれる。また、AAAの総責任は、本契約に基づいて支払われた料金の(  )倍を超えないものとする。上記の責任の限定は、重過失の行為、身体傷害に関する請求、物的損害に関する請求(預託物を除く)または知的財産権侵害には適用されない。

7.4 紛争解決
本契約に関連または起因する紛争については、(    )商事規則に従い、(    )が選んだ1人の仲裁人に付し、かかる仲裁人による仲裁によって解決するものとする。仲裁人は、(    )法を適用するものとする。預託者と優先受益者との間で別段の合意がない限り、仲裁は、(    )で行うこととする。当該事項に関する管轄権を有する裁判所は、仲裁人の裁定に基づいて判決を裁判所に正式に登録することができる。仲裁裁定を確認する申立書については、第一種郵便または宅配便にて、最新の既知の営業所の住所に、当該当事者の弁護士(弁護士が代理を務めていない場合は当該当事者)宛に送達することができる。ただし、預託者および/または優先受益者が仲裁に従うことを拒否した場合、当該事項を仲裁に付してはならず、AAAは、競合権利者確定手続きまたはそれに類似した訴訟のために、当該事項を管轄裁判所に付託することができる。別段の判決がおりた場合を除き、AAAに発生した仲裁費用(合理的な弁護士報酬・費用を含む)については、預託者と優先受益者が折半して負担するものとする。

7.5 準拠法
本契約は、(    )法に準拠し、同法に従って解釈されることとする(抵触法に関する規定を除く)。
7.6 要求された命令の通知
仲裁人または管轄裁判所から、AAAに対して何らかの行動を取るようにまたは何らかの行動を控えるように指図する命令を得ようと思う当事者は、
a.(  )営業日以上前にAAAに審理を通知するものとする。
b.当該命令に、AAAの義務に対する前提条件として、期日経過分の全額をAAAに支払い、当該命令に従って提供される役務の合理的な価値について支払いを行うことを盛り込むものとする。
かつ、
c.AAAがAAAの他の義務を履行するためにAAAが保有する預託対象素材のオリジナルを保管する必要がある場合、AAAに対し、預託対象素材のオリジナル(コピーではない)の引き渡しが要求されないことを確実なものとするものとする。

第8条 総則
8.1 完全なる合意
本契約(本契約に明記された承諾書および別紙を含む)は、本契約の主題に関する全当事者の完全なる了解事項を定めたものであり、口頭、書面を問わず、従前のあらゆる通信事項、表明または了解事項に優先する。AAAは、預託者と優先受益者との間における本ライセンス契約の当事者ではなく、かかる本ライセンス契約の条件または規定について一切知らない。預託者または優先受益者に対するAAAの義務は、本契約に明記されたもののみである。本契約の全当事者が署名しない限り、本契約書の修正または変更は無効であり、かつ、拘束力を有しないものとする。ただし、別紙AについてはAAAの署名の必要はなく、別紙Bについては優先受益者の署名の必要はなく、別紙Cについては署名の必要はなく、別紙Dについては優先受益者またはAAAの署名の必要はなく、承諾書については、承諾書に明記された当事者の署名のみが必要とされる。

8.2 通知および連絡
第4条および第5条ならびに預託対象素材に関する通知については、宅配便または、配達証明付きの書留郵便にて行うものとする。請求書、支払いその他文書および通信を含む他の連絡については、第一種米国郵便にて、添付の別紙Cおよび承諾書に明記された住所の当事者宛に行うものとする。各当事者は、実際の住所および電子メールアドレスに変更があった場合、本項に定められた通りに相互に通知する責任を負うものとする。各当事者は、他の当事者に関する最新の既知の住所を信用する権利を有するものとする。あて先の正しい通知または、本契約において信用された他の当事者に関する最新の既知の住所が、本契約において定められた通りに通知されるべき当事者の作為または不作為のために、拒否、未引き取りまたは未配達になった場合、当該通知が、郵政当局からの郵便、メッセンジャーまたは宅配便によって、拒否、未引き取りまたは未配達とみなされた最初の日に発効したとみなすものとする。

8.3 分離可能性
各当事者は、本契約のいずれかの規定が無効または実施不能と判断された場合、本契約の全体的な意図および目的に大きな影響が及ばない限り、かかる無効性または実施不能性は、本契約および本契約に明記された残りの規定の有効性に影響しないものとし、また、当該規定については、当初の規定の意図および目的を最も厳密に反映した有効かつ実施可能な規定に差し替えられるとみなすものとする。

8.4 承継人および譲受人
本契約は、各当事者の承継人および譲受人に対して拘束力を有するものとし、かかる承継人および譲受人の利益のために効力を生じるものとする。ただし、AAAは、本契約の履行において、預託者もしくは優先受益者の承継人または譲受人を認める義務を負わないものとする(AAAが当事者変更の明確で信頼できる決定的な証拠書類を受領した場合は除く)。

8.5 権利放棄
当事者は、その利益のために本契約の条件に関する権利を放棄することができる。ただし、かかる権利放棄は、権利放棄を実施しようとする当事者が署名した文書にて行わなければならない。本契約のいずれかの規定の条件または違反に関する権利が、1回または複数回放棄されても、かかる条件もしくは違反に関する以後のまたは継続的な権利放棄とみなされないものとする。いずれかの権利または救済請求権に関して不行使または行使遅延があっても、その権利または救済請求権の放棄とはみなされないものとする。

8.6 規制
預託者および優先受益者は、適用されるすべての法規および規制(本契約の規定に従って預託対象素材の引き渡しを行う際の引き渡し元または引き渡し先の国の関税法、輸入・輸出・再輸出法および政府規制などが含まれる)への準拠について責任を負い、かかる準拠を保証する。

8.7 弁護士報酬
訴訟または他の手続きにおいて当事者の一方が本契約上の権利を実施しようとした場合(契約上、不法行為もしくはその双方のいずれであるかを問わない)、または、本契約上の権利もしくは義務の宣言を求めた場合(契約上、不法行為もしくはその双方のいずれであるかを問わない)、相手方が本契約上の表明および/または保証の重大な違反に陥っていることを、裁判所命令、判決または仲裁人の裁定によって裁判所で証明した勝訴当事者には、紛争を解決し最終判決を実施するためのあらゆる費用および経費と共に、合理的な弁護士報酬が賠償金として与えられるものとする。

8.8 第三者の権利の否定
本契約は、本契約の当事者ならびにそれぞれの許可された承継人および譲受人のためにのみ締結されるものであり、本契約の全当事者間で別段の合意がない限り、他の個人または団体は、本契約を理由としていかなる権利も有せず、また、いかなる権利も獲得しないものとする。

8.9 署名する権限
各当事者は、本契約の発効、引き渡しおよび履行が、本契約書に記載された企業を代表して署名することについて法律その他の拘束力を有する許可の条件を満たす者によって正式に授権され署名されていることを、本契約書において表明し保証する。AAAは、完全に発効された契約書を受領次第、本契約上の義務を履行することができることとする。

8.10 副本
本契約書は、複数通作成することができ、そのそれぞれが正本であるものとするが、全部で単一の文書を構成するものとする。

AAA:
署名:
氏名:
役職:
日付:

預託者:
署名:
氏名:
役職:
日付: