コンテンツ

8a110j 建物賃貸借契約書

国際ビジネス支援DB > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

建物賃貸借契約書

(    )(以下「AAA」という)と(     )(以下「BBB」という)とは、下記に表示する建物(その敷地および付属施設を含む。以下「本物件」という)に関し、次のとおり建物賃貸借契約(以下「本契約」という)を締結する。
物件の表示
(1) 所有者:
(2) 所在地:
(3) 名称:
(4) 構造・規模:
(5) 床面積:
(6) 敷地面積:
(7) 付属施設:
(8) 範囲:別紙図面に罫線で図示
(9) AAAの権原:所有権または所有者からの賃借権

第1条 賃貸借の目的および使用上の制限 
1. AAAは、本物件をBBBに賃貸し、BBBは、BBBの取り扱う物品の保管・配送のための施設または事務所としての使用を目的として、これを賃借する。
2. AAAは、BBBに対し本物件を平穏かつ安全に使用させる義務を負い、またBBBは、近隣環境にも配慮しながら、善良なる管理者の注意をもって本物件を使用および収益する義務を負う。
3. BBBは、本物件(敷地および付属施設を含む)を第1項の目的の範囲内において使用するものとし、BBBの営業行為あるいはBBBの使用人等の居住等、他の目的に使用してはならない。
4. 前項に関連して、BBBは、次の各号の行為を行ってはならない。
(1) 本物件をBBBの本店その他営業上の施設として法人登記すること。
(2) 郵便物・電話帳・広告宣伝媒体等において、本物件をBBBの営業上の施設またはこれと誤認させるような表示をすること。
(3) AAAの書面による承諾を得ないで、本物件の内外に表札・看板等により自己の名義を表示すること。

第2条 契約期間 
本契約の有効期間は、平成(   )年(   )月(   )目から平成(   )年(   )月(   )日までの(   )年間とする。ただし、期間満了の(   )ヵ月前までに、AAAまたはBBBから書面による更新拒絶の意思表示がないときには、本契約はさらに(   )年間、同一条件で自動延長されるものとし、以後も同様とする。

第3条 賃料等 
1. 本物件の賃料は月額金(   )円とする。ただし、1ヵ月に満たない賃料は日割計算するものとする。
2. BBBは、前項の賃料に消費税相当額を加算して、毎月末日(金融機関の休業日にあたる場合はその前営業日)までに翌月分をAAAの指定する銀行口座へ振り込んで支払う。ただし、送金手数料はBBBが負担するものとする。
3. 第1項の賃料については、公租公課・金利等の負担の増減、土地・建物の価格の上下等の経済事情の変動または近隣賃料と比較して現行賃料が不相当となるような事情があるときには、AAAまたはBBBは、相手方に申し入れ、双方協議のうえ、書面による合意を得て、(   )年ごとに改定することができる。

第4条 敷金
1. BBBは、本物件の賃借を開始するにあたり、本契約の日から(   )日以内に、AAAに対し敷金として金(   )円を差し入れる。
2. 前項の敷金は、前条の賃料の(   )ヵ月分とし、賃料の増減があったときにはその割合に応じて変更されるものとする。
3. 前2項の敷金の預託は無利息とし、本契約の終了にあたり、AAAは、BBBが負担すべき債務を敷金から控除して、その残金を造やかにBBBに返還する。
4. BBBは、前項の敷金返還請求権の全部あるいは一部を第三者に譲渡もしくは担保提供してはならない。

第5条 賃借権の譲渡および転貸等の禁止
1. BBBは、本物件の賃借権の全部あるいは一部を第三者に譲渡もしくは担保提供してはならない。
2. BBBは、本物件を第三者に転貸し、もしくは使用させてはならない。

第6条 原状変更
1. BBBは、事前にAAAに対して書面により仕様明細・工事金額(償却期間を含む)等を示して要請したうえで、AAAから書面による承諾を得たときに限り、すべてBBBの責任と費用負担において、本物件に対する造作物の設置、模様替え等(以下「造作物等」という)の原状変更を行うことができる。
2. BBBは、AAAに対して、前項の造作物等の買収請求権を放棄し、行使しないものとする。
3. BBBは、第1項の造作物等について消防署等から改善・撤去・移動等の指導を受けたときには、その指導内容を直ちに実行する。
4. AAAは、BBBから第1項の事前要請を受けたときには、自らの選択により、第3条第3項にもとづく賃料の増額改定と引き換えに、自己の費用負担において、BBBの要請に係る造作物等の原状変更を行うことができる。

第7条 火災保険
1. AAAは、本物件およびAAAが所有する設備・備品等に対し、またBBBは、BBBが所有あるいは占有する設備・備品・物品等に対し、それぞれ自己の責任と費用負担において火災保険を付保する。
2. 前項の火災保険は満額付保することを原則とし、一部付保による危険は付保義務を負う当事者がそれぞれ負担するものとする。

第8条 保管責任および管理責任
1. BBBは、本物件内に蔵置する物品等については、自己の責任において保管管理を行い、火災・盗難その他の事故あるいは天災地変その他の不可抗力によりこれらに生じた損害について、AAAは一切の賠償責任を負わない。
2. BBBは、本物件内に、法令で保管を制限あるいは禁止されている物品、悪臭・騒音等により近隣に迷惑を及ぼすおそれのある物品または定められた床荷重を超える重量物を搬入あるいは蔵置してはならない。
3. BBBは、本物件内(AAAが定めた場所を除く)において火気を使用してはならない。
4. 本物件を修繕する必要が生じたとき、BBBは、遅滞なくAAAに通知しなければならない。

第9条 中途解約一契約の終了1
AAAまたはBBBは、第2条の契約期間中は本契約を解約できない。ただし、AAAまたはBBBは、(   )ヵ月前までに相手方に対し書面による申し入れを行って、双方の合意を得たときに限り、本契約を解約することができるものとする。

第10条 契約解除一契約の終了2
1. AAAまたはBBBは、相手方に次の各号の一つに該当する事実があるときには、手方に対して何らの催告を要せず、直ちに本契約を解除することができる。
(1) BBBが正当な理由なく賃料を(   )ヵ月以上滞納したとき。
(2) BBBが本物件の賃借権を第三者に譲渡あるいは担保提供し、または本物件を第三者に転貸しあるいは使用させたとき。
(3) BBBがAAAに無断で造作物等の原状変更を行ったとき。
(4) AAAまたはBBBが搬出、引受、裏書もしくは保証した手形あるいは小切手が不渡りとなったとき。
(5) AAAまたはBBBが強制執行・保全処分・競売等の申立てを受け、もしくは公租公課の滞納処分を受けたとき。
(6) AAAまたはBBBが破産・民事再生・会社更生・特別清算等の申立てを受け、あるいはこれらの申立てを行い、もしくは会社の清算・任意整理に入ったとき。
(7) AAAまたはBBBが前3号に準ずる信用失墜の事実を認められたとき。
2. AAAまたはBBBは、相手方が本契約の各条の一つにでも違反したときには相手方に対して催告したうえで、本契約を解除することができる。
3. BBBは第1項第4号乃至第7号の一つに該当する事実があるとき、一切の期限の利益を失い、AAAに対するすべての債務を直ちに弁済しなければならない。

第11条 契約の失効一契約の終了3
本物件が、天災地変・火災その他の事由により滅失あるいは損壊し、または公権力による用途変更・収用処分等を受けて、十全の使用が不可能となったとき、本契約は、その効力を失うものとする。

第12条 契約終了時の義務
1. 本契約が終了したとき、BBBは、自己の費用をもって本物件の原状を回復し、違やかにAAAに対して本物件を明け渡す。この場合、BBBは、AAAに対して、第4条の敷金の他には、立退料・営業補償料その他名目のいかんにかかわらず、本物件に関する権益にもとづく一切の対価を請求しないものとする。
2. 本契約が終了したにもかかわらず、BBBが本物件を明け渡さないとき、AAAは、本契約終丁目の翌日から明渡完了日まで、第3条の賃料の(   )倍に相当する使用損害金を、BBBに対して請求することができる。
3. 本契約が終了したにもかかわらず、BBBが第1項にもとづく本物件の原状回復義務を履行しないとき、AAAは、BBBが自らの造作物等の所有権を放棄したものとみなし、BBBの費用をもって、これを任意に撤去、廃棄もしくは売却して、処分することができる。
4. AAAの責に帰すべき事由により本契約が終了したとき、BBBは、AAAに対して、第6条第1項にもとづきAAAの承諾を得てBBBが施した造作物等の残存価格の補償を請求することができる。
5. BBBの責に帰すべき事由により本契約が終了したとき、AAAは、BBBに対して、第6条第4項にもとづきBBBの要請によりAAAが施した造作物等の残存価格の補償を請求することができる。
6. AAAまたはBBBは、相手方の責に帰すべき事由により本契約が終了したとき、その相手方に対して賃料の(   )ヵ月分に相当する違約金を請求することができる。ただし、AAAは、BBBの責に帰すべき事由により本契約が終了したときには、第4条第3項の敷金の残金をBBBの違約金の弁済に充当することができる。
7. AAAまたはBBBは、前項の違約金を収受してもなお損害があるときには、相手方に対してさらに賠償を請求することができる。

第13条 費用負担
1. AAAは、本物件に関する次の各号の費用を負担する。
(1) 固定資産税・地価税等、AAAの所有資産の所有・賃貸に係わる公租公課
(2) AAAの所有資産に係わる火災保険料および損害保険料
(3) 屋根・梁・柱・外壁等、建物の構造を維持する部分の塗装・修繕・改修費用
(4) エレベーター、シャッター、消防・防火設備、電源・電気設備、受水槽・浄化槽、給排水設備、ガス供給設備および衛生・換気設備の法定点検・整備費用
(5) その他、上記条項に準じて契約上AAAが負担すべき費用
2. BBBは、本物件の使用に関する次の各号の費用を負担する。
(1) 事業所税およびBBBの所有資産に係わる公租公課
(2) BBBの所有資産および保管物品ならびにBBBの要請によりAAAが施した造作物等に係わる火災保険料および損害保険料
(3) 水道光熱費・通信費・動力費・燃料費等、BBBの業務遂行上の費用
(4) 清掃・警備に係わる費用
(5) BBBが施した造作物等、BBBの所有資産およびBBBの要請によりAAAが施した造作物等に係わる修繕費用
(6) エレベーター、シャッター、消防・防火設備、電源・電気設備、受水槽・浄化槽、給排水設備、ガス供給設備および衛生・換気設備の法定点検・整備以外の修繕費用
(7) BBBまたはBBBの使用人・顧客・出入業者等の関係者の責に帰すべき事由により本物件を損傷したときの修繕費用
(8) 内壁の塗装・クロス、床タイル、電球、その他本物件の使用から通常生じる営繕費用
(9) 本物件の他使用者との共通使用部分の共益費用
(10) 町会費・衛生特等、地域住民としての費用
(11) その他、上記条項に準じて契約上BBBが負担すべき費用
3. AAAまたはBBBは、自己が負担すべき前2項の費用を相手方が立替えて支払ったときには、遅滞なくこれを弁済しなければならない。
4. 負担方法について疑義が生じた費用については、AAA・BBB双方が誠意をもって協議し、これを決定する。

第14条 立入点検
AAAは、本物件の保全管理上必要があるときには、予めBBBに通知したうえで本 物件内に立ち入り、点検し、もしくはBBBに対し必要な指示を行うことができる。この場合、BBBはAAAに協力しなければならない。

第15条 届出義務
AAA及びBBBは、次の各号の事項に変更が生じた時、速やかに相手方に届け出る。
(1) 商号
(2) 代表者
(3) 本店所在地
(4) 親会社・大株主等、経営主体の異動

第16条 守秘義務
AAAおよびBBBは、本契約の期間中または終了後のいかんを問わず、その履行にあたって知り得た相手方の情報は、その相手方が承諾しない限り、他に漏洩してはならない。但し、次の各号のいずれかに該当するものを除く。
(1) AAAおよびBBBが相手方から開示を受けた時点において既に公知となっているもの。
(2) AAAおよびBBBの故意または重過失によらず公知となったもの。
(3) AAAおよびBBBが相手方の開示前に自ら知得し、または正当な権利を有する第三者から正当な手段によって入手したもの。

第17条 規定外事項および合意管轄
1. 本契約に定めのない事項または解釈に疑義が生じた事項については、AAAとBBB双方が誠意をもって協議し、関係法令および慣習にもとづき円満な解決を図るものとする。
2. 本契約に関して当事者間に生じた紛争については、本物件の所在地を管轄する裁判所に係属させるものとする。

本契約締結の証として、本文書を2通作成し、AAAとBBB双方が各1通を保有する。

平成 年 月 日

AAA
住所
氏名
署名、印

BBB
住所
氏名
署名、印