コンテンツ

8a070j ローン契約書5

国際ビジネス支援DB > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

金銭消費貸借契約書

第1条 借入要項
借主は、別に差し入れた約定書の各条項のほか、この約定を承諾の上、貸主から下記要項により金銭を借り入れ、確かに受領した。
a)金額:(        )
b)使途:(                    )
c)弁済額および方法:(                   )
d)利息:年(  )%、ただし、金融情勢の変化その他の事由があるときは、貸主は、一般に行われる程度のものに変更することができるものとする。
e)利息支払期および方法:(             )
f)損害金:この約定による債務を履行しなかったときは、支払うべき金額に対し年14.5%の割合の損害金を支払うものとする。この場合の計算方法は年365日の日割計算とする。
g)元金弁済日および利息支払日の特約:元金弁済日および利息支払日が貸主の休業日にあたった場合は、休業日の後の営業日に弁済するものとする。ただし、(       )等の保証付借入の場合および精度融資等の場合は、上記にかかわらず、翌営業日に弁済し、利息計算は休業日までとする。
h)(              )保証人名:(               )

第2条 期限前弁済
1.借主が、やむを得ず、期限前にこの約定による債務の一部または全部を弁済しようとする場合には、あらかじめ貸主の承諾を得るものとする。
2.前項の場合において、借主は、約定利率が弁済時の貸主おける長期プライムレート(以下、基準レートという)を上回る場合には、弁済時から期限に至るまでの期間に対応して約定利率に基づき計算した金額と、同期間に対応して基準レートに基づき計算した金額との差額を、期限前弁済手数料として直ちに貸主に支払うものとする。

第3条 債務の支払場所
この約定により弁済すべき金銭の支払場所は貸主の(     )とする。また貸主が必要と認めた場合には、支払場所を貸主の他の場所、またはその他の場所に変更することができるものとする。

第4条 費用負担
借主は、この約定による証書の作成その他この約定により要する一切の費用を負担するものとする。

第5条 保証
1.保証人は、借主がこの約定によって貸主に対し負担する一切の債務について、借主と連帯して保証債務を負い、その履行については借主が別に差入れた約定書の各条項のほか、この約定に従うものとする。
2.保証人は、借主の貸主に対する預金その他の債権をもって相殺しないものとする。
3.保証人が借主と貸主との取引について他に保証をしている場合には、この保証はこの保証契約により変更されないものとし、また、他に極度額の定めのある保証をしている場合には、その保証極度額にこの保証の額を加えるものとする。保証人が借主と貸主との取引について、将来ほかに保証をした場合にも同様とする。
4.保証人は、貸主がその場合によって、担保もしくは他の保証を変更、解除しても免責を主張しないものとする。
5.保証人が保証債務を履行した場合、代位によって貸主から取得した権利は、借主と貸主との取引継続中は、貸主の同意がなければ、これを行使しないものとする。もし貸主の請求があれば、その権利または順位を貸主に無償で譲渡するものとする。

第6条 公正証書作成義務
借主および保証人は貸主の請求があるときは、直ちに、この約定による債務の承認ならびに強制執行の認諾がある公正証書を作成するために必要な手続をとるものとする。このために要した費用は。借主が負担するものとする。

(     )年(    )月(  )日

住所:(                            )
借主:(                )

住所:(                            )
連帯保証人:(                )

住所:(                            )
連帯保証人:(                )

住所:(                            )
連帯保証人:(                )
(            )御中