コンテンツ

8a061j 賃借権譲渡書

国際ビジネス支援DB > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

賃借権譲渡書

(          )(賃借人)及び(          )(転借人)と(          )及び(          )(賃貸人)との間の賃借権譲渡書。

正当な約因を以って、当事者等は、以下のことに合意する。

第1条 権利譲渡
賃借人は、本書により、(     )年(     )月(     )日付の賃借権(本件賃借権)に基づく、(                    )として識別され、より詳細には(                    )と記載される一定の物件に関する賃借人と賃貸人との間の一定の賃借権に関する賃借人のすべての権利を転借人に譲渡し、移転し、引渡す。

第2条 承継
転借人は、本件賃借権を承諾し、本書に定めるところに従って占有が転借人に引渡された日以後に本件賃借権に基づいて発生するすべての賃料を支払い、賃借人のすべての義務を適時に履行することに同意する。転借人は、更に本書に基づく転借人の義務の違反から賃借人を補償し、損害を与えないことに同意する。

第3条 占有の引渡し
当事者等は、賃借人が(     )年(     )月(     )日に賃借物件の占有を転借人に引渡すことを確認する。時間は、要素である。前記の日付よりも前に本件賃借権に基づいて発生しているすべての賃料及びその他の料金は、全額賃借人が支払うものとし、以後は、転借人が支払うものとする。

第4条 条件
賃貸人は、本書により、以下を条件として、この賃借権譲渡に同意する。
a)譲渡に対して同意したからといって転借人が違反を犯した場合に本件賃借権に基づく賃借人の義務から同人が免除されるものではない。
b)転借人が違反を犯した場合、賃貸人は、その旨を書面にて賃借人に通知するものとし、賃借人は、発生済のすべての賃料を支払い、その他の債務不履行を是正することを条件に、本件賃借権の期間中、(必要な場合には、賃貸人の名義で)賃借物件の占有を回復するすべての措置を開始する権利を有するものとし、すべての権利を保有するものとする。
c)賃貸人の事前の書面による同意なくして、それ以上の賃借権譲渡はないものとする。

第5条 利益
本契約は、当事者等、それぞれの承継人、譲受人及び人格代表者を拘束し、同人等の利益のために効力を生じるものとする。

(     )年(     )月(     )日に署名押捺した。

(                    )
署名:(          )
賃借人:社長(          )

(                   
署名:(          )
転借人:社長(          )

(          )個人
                                                                        賃貸人

(          )個人
                                                                        賃貸人