コンテンツ

8a060j 賃貸借契約書(アパート)

英文契約書データベース > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ
この契約書の中文へ
和文契約書の後半部は非公開。会員様は和文、英文、中文の全部を閲覧・利用可能。

アパート賃貸借契約書

本契約は、(   )年(  )月(  )日に、一方当事者である(      )(本契約中にて以下 「賃貸人」 と称する)と他方当事者である(    )(本契約中にて以下 「賃借人」 と称する)との間で締結された。
よって、本契約により、以下のとおり合意された。

1条 賃借 
賃貸人は、( )に所在する本件アパート(本契約中にて以下 「本件物件」 と称する)、並びに本件物件に現時点で存在する家財及び世帯用動産(その目録が本契約の付属書に記載されている)を( )年(     )月(     )日から( )年(     )月(     )日まで(両日を含む)の(     )間賃貸し、賃借人は、これを賃借するものとする。

第2条 賃料
本件物件の賃料は、不動産税、管理料及びその他すべての維持費を除き、1カ月( )とし、毎月( )日に一切の控除なしに前払いされるものとし、かかる支払いの第1回目は、本契約の署名時になされるものとする。

第3条 保証金
賃借人は、本契約の署名時に、本契約に盛込まれた賃借人側の合意事項の満了時における正当な履行及び遵守のための保証金として金( )を賃貸人に支払うものとする。
賃借人が遵守し、履行すべき賃借人側の合意事項のいずれにも違反しなかった場合、賃貸人は、保証金として賃借人が支払った金( )を利息を付けることなく賃借人が本件物件の無占有を賃貸人に正当に引渡した後(     )日以内に払戻すものとする。但し、本件物件の享有に関連して賃料未納額又はその他の未済用役料若しくは家財の毀損があった場合、賃貸人は、前記保証金を当該賃料未納額及び未済用役料の支払いに充当することができるものとし、また前記合意事項の何らかの違反があった場合、賃貸人は、前記保証金又はその一部を当該違反の是正に充当し、残額のみを支払うものとする。(自然的損耗を除く)。