コンテンツ

8a041j和解契約書4

英文契約書データベース > 各種契約・合意書書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ
この契約書の中文へ
和文契約書の後半部は非公開。会員様は和文、英文、中文の全部を閲覧・利用可能。

和解契約書

本契約は( )年( )月( )日付で( )法に基づいて設立され現存する法人でその主たる営業所を( )に有する( )(以下「当事者A」と称する)、( )法に基づいて設立され現存する法人でその主たる営業所を( )に有する( )以下「当事者B」と称する)、及び( )法に基づいて設立され現存する法人でその主たる営業所を( )に有する(以下「当事者C」と称する)との間で締結され、
以下のことを証する。
3当事者は、当事者C及び当事者Bが一定数量の( )(本契約中にて以下「契約品」と称する)を販売し、当事者Aがこれを購入する販売契約を締結しており、並びに
当事者Aは、当事者A自身に帰因するある理由により契約した契約品のすべての数量のうち契約品( )台について引取り遅延しており、並びに
当事者C及び当事者Bは、上記の当事者A向契約品( )台を製造し船積みの準備をすでに完了しているため、大いなる窮地に立っているので
よってここに、当事者間でこの問題を討議した後、次のとおり合意する。

第1条 確認
上記販売契約に基づき、当事者Aが引取るべき以下の( )台の契約品がまだ残っていることが、ここに確認された。
**以下の記載は、「型:数量:金額」の順となっている。**
( ):( ):( )
( ):( ):( )
( ):( ):( )
( ):( ):( )
( ):( ):( )
**合計数量は、( )である。**
**合計金額は、( )である。**

第2条 引渡し
当事者C及び当事者Bは、当事者Aが以下のスケジュールに従って、残りの( )台の契約品を引取り、その支払いを行うという条件で、当事者Aのかかる契約品の引取りの遅延を認める。
**以下の記載は、「型:数量:信用状開設日:船積日」の順となっている。**
a)( ):( ):( )年( )月( )日:( )年( )月( )日
b)( ):( ):( )年( )月( )日:( )年( )月( )日
c)( ):( ):( )年( )月( )日:( )年( )月( )日
d)( ):( ):( )年( )月( )日:( )年( )月( )日
e)( ):( ):( )年( )月( )日:( )年( )月( )日

データベース会員ログイン