コンテンツ

7a123j 一括委託契約書

英文契約書データベース > 請負・プラント関係契約書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

一括委託契約書

(    )法に基づき正当に設立され、その主たる営業所を(        )に有する(    )の法人である(    ) (以下「AAA」という)と、(    )法に基づき正当に設立され、その主たる営業所を(        )に有し(    )年(    )月に(    )を買収した(    )の法人である(    ) (以下「BBB」という)と、(    )法に基づき正当に設立され、その主たる営業所を(        )に有する(    )の法人である(    )(以下「CCC」という)は本一括委託契約(以下「本契約」という)を締結し三当事者間の取引に関する相互の誓約を確認する。

以下を証する。

AAAはこの産業分野で様々なシステム、製品およびサービスを開発、製造、販売および提供している。
BBBは、(             )およびそれら製品の開発ならびに製造における幅広い経験がある。
AAAは以下に定義する開発作業および成果物ならびに契約品を、CCCを介してBBBから購入することを希望している。
BBBは、開発作業を行い開発作業および成果物を提供し、またAAAに契約品を提供する意思がある。

よって、本契約に記載する相互の約束および誓約を約因とし、AAA、BBBおよびCCC(以下「当事者」または「全当事者」という) は以下のとおり合意する。

第1条 用語
文脈によって明らかに他の意味が要求されない限り、本契約の解釈上、以下の用語は本契約によってそれぞれに特定された意味を有するものとする。
a) 「本契約」とは本一括委託契約を意味する。
b) 「委託」とは、本注文に記載されるとおりまたは全当事者間で書面によって別途合意されるとおりにBBBによって実行される作業を意味する。
c) 「バックグラウンド」とは(ⅰ) IPRのバックグラウンドの全ておよび (ⅱ) いずれかの当事者によって所有またはその他保有されるか、またはそれに関していずれかの当事者が別の当事者に本契約に基づき、委託の履行の前もしくはそれとは無関係にライセンスを付与しうるノウハウを意味する。
d) 「商取引の開発」とはフォアグラウンドの使用に必要なバックグラウンドに基づいて、製品およびサービスを設計、開発、製造し、市場を開発しおよびサブライセンスすることを意味する。
e) 「AAA」とは本契約に関係するAAA および/または本契約に基づき本注文を発行したAAAのすべての会社をも意味する。
f) 「AAAの会社」とはその議決権および/または資本の(    )%以上までが、直接、間接を問わずAAAに支配されているすべての会社を意味する。
g) 「AAA文書」とは、媒体または形式を問わずBBBおよび/または CCCに対してAAAから提出されるすべての図面、技術文書、ソフトウェア・プログラムもしくはその他の文書、またはAAAツールに関連するすべての文書をも意味する。
h) 「AAAツール」とはAAAによって提供されるかまたはBBB によってAAAの費用で購入されるかまたは製造されるツール、モデル、取付具、測定器、装置またはそれに相当するものを意味する。
i) 「フォアグラウンド」とは委託の履行に起因するかまたはその結果として生じる(ⅰ) IPRのフォアグラウンドの全ておよび(ⅱ)ノウハウを意味する。
j) 「IPR」とは、成果物を製造するための特許、登録意匠、著作権、技術情報などのすべての知的財産権またはその他の知的財産権を意味する。
k) 「ノウハウ」とは、いずれかの当事者にとって財産的価値のあるすべての秘密または顕在的ノウハウをも意味する。
l) 「本注文」とは、下記第3条3項に従って全当事者間で締結された、仕様を含む法的拘束力のある合意を意味する。
m) 「(全)当事者」とはAAA および/またBBBおよび/またはCCCを意味する。
n) 「試作品」とは、BBBまたはCCCによって本注文に基づいて開発または引き渡される試作品を意味する。
o) 「成果物」とは、全てのフォアグラウンド、文書(書面によるかまたは他のすべての形態の媒体に保管されているかを問わず)、全ての試作品および本一括委託契約に関連してBBBもしくは CCCによって供給される試作品または成果物に関して大量生産されるすべての製品(以下「契約品」という)をも含む委託の各段階によって結果として生ずる成果物を意味する。
p) 「BBB」とは上記で定義され、直接またはCCCを介して本注文を確認した(       )を意味する。
q) 「BBBの会社」とはBBBまたは、その議決権の(    )%超までが、直接、間接にかかわらず当該BBBの会社に支配されているすべての会社をも意味する。
r) 「仕様」とは相互に合意される成果物の仕様を意味する。
本契約で使用されるその他の大文字の表現は、それぞれに与えられる意味を有するものとする。

第2条 契約の適用範囲
1. 本契約は、AAAの(    )事業部(AAAの組織変更後にそれ以前は事業部が扱っていた事業活動および/またはサービスを引き継いだAAAの他の部門を含む)、BBBおよびCCCの間で、AAAの仕様に基づいてAAAと BBBにより開発された(        )に関するおよび関係して締結された本注文のみに適用されるものとする。
2. 本契約は、AAAの会社が本契約に基づいて行う本注文に従って、BBBの会社および/またはCCCが成果物を生産する委託を履行しうるもととなる一般条件を含む。
3. 本注文は、委託の実行に関する具体的な条件を含む。
4. 本契約は、本契約の主題に関する全当事者間の従前の全ての合意に優先し、全当事者によって正当に署名された書面による場合のみ修正できるものとする。

第3条 注文手順
1. 全当事者間の本注文は、BBBまたはCCCが当該本注文を書面で承諾したときに決定されるものとする。当該承諾または拒絶は、当該本注文を出したすべてのAAAの会社に対しても不当に遅延することなくなされるものとする。その注文が拒絶される場合は、本注文を行ったAAAの会社に拒絶の事由を連絡するものとする。BBBまたはCCCが、AAAによって注文書が発行されてから(    )日以内にAAAに対して注文書の承諾または拒絶を通知しない場合、その注文はBBBまたはCCCによって当該期間の満了日に確認されたとみなされるものとする。
2. すべてのAAAの会社も書面またはファックスによって注文を発行することができる。
3. 本注文は以下の文書から構成され、以下に記載する手順で行われるものとする。
a) 仕様を含む注文書
b) 本一括委託契約書
4. 本一括委託契約に従ってやりとりされる各本注文には、注文日、成果物の名称、仕様、希望納期、引渡し場所、単位価格、支払期日を含む支払い条件などの詳細を記載するものとする。

第4条 価格および支払い条件
1. 価格は本注文に明記する。当該価格は確定であり、委託および契約品の条件ごとに決定されるものとする。
2. インボイスには本注文番号を記載するものとする。
3. インボイスは、インボイスの日付または引渡し日から(    )日以内のいずれか遅いほうに支払われるものとする。

第5条 引渡し条件
1. BBBおよびCCCは、合意される期日における適切な引渡しがAAAにとって重要であることを理解および確認する。成果物は本注文に明記される日付に引き渡されるものとする。
2. 引渡し条件はインコタームズ2000に従って解釈されるものとする。引渡し条件はDDP(関税込持込渡)AAAの事業所であるものとする。
3. BBBおよびCCCは、AAAに引き渡される成果物に課せられる全ての税金、手数料、関税および公課に対し責任を有しおよびそれらを支払うものとする。

第6条 連絡および仕様の変更
1. 委託の期間中、全当事者は変更、問題、遅延に関する情報、または自らが委託に影響するとみなすすべての情報についても互いに、即座に連絡することに合意する。
2. 全当事者は、当該情報を受領し連絡する連絡担当者を指名するものとする。連絡担当者の氏名を本注文に記載するものとする。
3. AAAは 委託中に仕様の変更を要請できる。BBBおよびCCCは当該要請を受領後直ちに、要請された変更を査定し、価格および納期に対する影響を含む当該変更に関連する影響の全てをAAA に通知するものとする。BBBが当該変更を技術的に実現可能であるとみなさない場合、いずれかの当事者が本注文を解除することがないように全当事者は互いに許容できる解決策について合意するものとする。
4. BBBまたはCCCが委託中に仕様を変更する必要があることを発見した場合、BBBまたはCCCはAAAに対して、何か該当があれば、価格または納期への影響を含む当該変更に関係する全ての影響を通知するものとする。当該変更がAAAによって承諾されえない場合、最近合意された仕様に従って委託を行うものとする。
5. 前項に従って行われた仕様の変更によってすべての損害が生じる場合も、その損害は以下のように補償されるものとする。
a) BBBまたはCCCのいずれかがAAAに帰せられる理由によって損害を被る場合、BBBまたはCCCは、そのような場合の実際のかつ合理的な損害賠償をAAAに請求することができる。
b) AAAがBBBおよび/またはCCCに帰せられる理由によって損害を被る場合、AAAはBBBまたはCCCのいずれかに対して連帯でまたは別々に実際のかつ合理的な損害賠償を要求する権利を有する。

第7条 品質
1. BBBおよびCCCは、ISO 9000品質システムおよびISO 14001環境システム規格、またはBBBとCCCが指定しAAAと合意する同等の規格の適用要求事項に準拠していることを約束する。
BBBおよびCCC がISO 14001 またはそれに相当する環境規格に準拠していない場合、BBBおよびCCCは本契約の履行前にAAAに前記規格の実行計画を提供するものとする。
2. AAAはBBBまたはCCCに対して合理的な通知を行うことで、費用を負担せずに、BBBのまたはCCCの施設を通常の営業時間内に、工程および品質システムの確認、試作品の品質管理、およびサンプリングの実施ならびにその他必要な品質および引渡しの履行の調査の実施に関して検査する権利を有するものとする。BBBまたはCCCはBBBまたはCCCの下請け業者の施設において、AAAによるものと同様の検査を提供するよう最善の努力をするものとする。当該検査がAAAの品質要求に適合していない場合、BBBもしくはCCCは遅延なくまたはAAAに費用を負担させることなく、必要な品質レベルを達成するために適切な矯正措置を講じるものとする。
3. BBBおよびCCCはAAAに合理的に要請される、すべての成果物の材料宣言(すなわち材料およびその構成物質の含有量の宣言)をも含むがそれに限定されない成果物の品質に関する全ての文書をAAAが指定する形式で発行するものとする。

第8条 委託作業の確認
1. BBBおよびCCCは 委託中、継続して、しかしながらすべての場合もBBBおよびCCCが関連する本注文に記載される成果物を実現する時点より遅れることなく、その時点までの仕様および本注文のその他の要求事項が満たされていることを確認するためにシミュレーションまたは試験の結果などのフィードバックをAAAに提供するものとする。
2. 検証行為中またはその後に成果物に仕様に明記される要求事項に関する瑕疵が発見される場合、BBBおよびCCCはその瑕疵を矯正するのに必要な是正処置を全て実行するものとする。是正処置は全て、関連するさらなる試験によって確認されるものとする。当該瑕疵がBBBまたはCCCの責任であるとはみなされない場合、BBBおよびCCCは、該当があれば、AAAに対して当該是正処置に必要な変更および費用について助言するものとする。

第9条 保証
1. BBBおよびCCCは、(ⅰ)瑕疵のある設計、材料または仕上がりが理由で試作品に欠陥があると分かった場合、または(ⅱ)成果物が仕様にまたは本契約または本注文に基づくBBBおよび/またはCCCの責任に関連する理由にてその他合意されたとおりに機能しない場合、引渡しから(    )月間は、自己の費用負担で(    )営業日以内に全ての矯正措置を講ずる責任を有するものとする。AAAはBBBまたはCCCに対して書面で事実を通知し、瑕疵の修理、支払い金額の減額または前記修理もしくは支払い金額の減額に加えての損害の補償を求める自己の要求を提起することができる。しかしながら、前記瑕疵がBBBまたはCCCのいずれかの意図的な不正行為または重大な過失によって引き起こされている場合は、前記期間の経過後でも、BBBまたはCCCが責任を有するとみなされるものとする。BBBおよび/またはCCCが当該期間内に当該義務を履行しない場合、AAAは本注文を解除する権利を有するものとし、またBBBおよび/またはCCCはAAAに本注文に帰することのできる全ての支払い金を払い戻すものとし、またBBBおよび/またはCCCが時宜を得て瑕疵を矯正しなかったこともしくはできなかったことによってAAAが被った実際の追加費用の全てについてAAAを補償するものとする。
2. いかなる場合もAAAまたはAAAの会社は、契約、厳格責任、不法行為(過失を含む)、または(明示、黙示を問わない)保証に基づくかを問わず、本契約に、またはその他に基づくすべての間接的、付随的、派生的または特別損害に対してその種類を問わず責任を負わないものとする。

第10条 遅延
1. BBBまたはCCCに、本注文に明記される引渡し日に応じることができないことがわかった場合、BBBまたはCCCはAAAに対して即座に、書面に遅延の事由および引渡しがいつ可能であるかについての最善の予測を記載し、通知するものとする。当該通知はBBBおよびCCCの当該本注文または準拠法による責任を制限しないものとする。
2. 遅延引渡しの場合、AAAは確定損害賠償額を請求する権利を有するものとする。但しAAAが遅延の特定の理由に対して責任を有していないことを条件とする。確定損害賠償額は、遅延の開始した週ごとに、遅延したかまたは遅延の結果使用することができなかった成果物に帰することのできる価格の(    )%であるものとする。

第11条 製造物責任
成果物に人身損害または器物破損を引き起こす瑕疵がある場合、BBBおよびCCCはAAAおよびAAAの会社を当該すべての損害に対しても補償し、および免責するものとする。

第12条 財産権
1. 所有権
a) バックグラウンド
本契約または本契約に基づく委託の履行の結果として、いずれかの当事者のバックグラウンドに関するすべての権原または所有権も、相手方当事者に移転されないものとする。
b) フォアグラウンド
AAAは全てのフォアグラウンドに対する権原を保有するものとする。

2. 使用権
a) バックグラウンド
AAAおよびすべてのAAAの会社は、BBBおよびCCCのバックグラウンドならびにBBBの会社のバックグラウンドを商取引の開発目的で永久的、世界的におよびロイヤルティなしで使用し、修正および/または変更する権利を有するものとする。但し、委託の結果として生じるフォアグラウンドの使用にバックグラウンドが必要であることを条件とする。当該AAAおよび/またはAAAの会社による使用の権利は、フォアグラウンドの使用に関連しての使用のみに制限されるものとする。
BBBは、AAAのバックグラウンドを委託の履行に必要な範囲においてのみ使用する権利を有するものとする。BBBおよびCCCが委託の履行において下請け業者を雇用することを希望する場合、当該下請け業者はAAAのバックグラウンドをBBBおよびCCCが本第12条2項(a)に従って使用できるのと同じ範囲でのみ使用できるが、全当事者が下請け業者についてそのように、またBBBまたはCCCのAAAのバックグラウンドを当該下請け業者に提供する権利について事前に合意していることを条件とする。BBBおよびCCCはすべての目的のためにもAAAのバックグラウンドを使用、変更および/または修正するそれ以上の権利を有さない。
b) フォアグラウンド
AAAは第12条1項(b)に従い、すべての目的のためにもフォアグラウンドを使用、修正および/または変更する権利を有するものとする。
BBBおよびCCCはすべての目的のためにもフォアグラウンドを使用、変更および/または修正する権利を有さないものとし、従って特に、すべての第三者に対してもフォアグラウンドの使用を許諾できず、または当該すべての第三者によって委託される研究に関連してフォアグラウンドを利用できない。

3. BBBおよびCCCは、AAAの会社が特許、図案またはその他工業所有権および知的財産権の所有者として登録されるのを可能とするのに必要となりうる文書の作成および署名において援助することを約束する。BBBおよびCCCは登録可能とみなされるすべての工業所有権および知的財産権についてもAAAが確実に通知を受けられるようにする責任を有するものとする。第三者が当該出願に対して取消または異議申し立て手続きを開始する場合、BBBおよびCCCはAAAを最大限支援することに同意する。そのような場合、AAAはBBBおよびCCCに対して、BBBおよびCCCによって合理的に負担された費用を払い戻すものとする。

4. BBBおよびCCCは、本契約に基づくすべてのフォアグラウンドに対する権原および所有権がAAAに移転されていることを保証するために、自己の従業員またはBBBおよびCCCが委託のために雇用したその他の人員と、そのための契約を締結していることを約束する。

5. BBBおよびCCCは、AAAの書面による事前の承諾がない限り、当該バックグラウンドがBBBもしくはCCCまたはいずれかの第三者に所有されているかを問わず、自らが第12条2項(a)に従ってAAAにライセンスを付与する権利を有さないバックグラウンドを委託の履行において導入しないものとする。BBBおよびCCCはさらに、委託の過程でBBBまたはCCCによって、または自らが知っている最大の範囲において、いずれかの第三者によって所有される、本契約に基づいて企図される成果物の使用によって侵害される可能性のあるすべての知的財産権についてもAAAに通知することを約束する。

第13条 主張の否定
BBBおよびCCCは、AAAまたはすべてのAAAの会社の成果物の使用に対して(特許、実用新案、半導体集積回路保護、意匠、著作権および商標を含むがそれらに限定されない)すべての知的財産権またはその適用も主張しないものとする。

第14条 侵害
1. BBBおよびCCCは、AAAおよびすべてのAAAの会社をも、BBBもしくはCCCのバックグラウンドまたはBBBもしくはCCCによって本契約に従って提供される成果物の使用もしくは販売が、(特許、実用新案、半導体集積回路保護、意匠、著作権および商標を含むがそれらに限定されない)すべての知的財産権またはその適用に対する侵害または企業秘密の無許可の使用にあたるとする申し立てに基づいてAAAおよびすべてのAAAの会社のいずれかに対して起こされる申し立て、訴訟または法的手続きの結果として被る全ての損害、(合理的な弁護士費用を含む)費用に対しても防御し、補償しおよび免責するものとする。但し、BBBまたはCCCが、不当な遅延なく、書面によって当該申し立て、訴訟または法的手続きについて通知されており、(BBBまたはCCCの費用で)その主張を解決しまたはすべての訴訟もしくは法的手続きにも対する防御を支配するための権限、情報および援助を与えられていることを条件とする。
2. BBBまたはCCCのすべてのバックグラウンドもしくは成果物またはその一部が当該訴訟または法的手続きにおいて侵害にあたると判示されその後の使用が禁止される場合も、BBBまたはCCCは即座に、自己の費用負担でおよび自己の判断で、以下のいずれかを行うものとする。
a) AAAおよびすべてのAAAの会社のために、当該BBBまたはCCCのバックグラウンドおよび成果物の使用を継続する権利を獲得する。または、
b) 上述の物を同等の機能および性能を有する非侵害成果物と交換する。または、
c) 当該BBBまたはCCCのバックグラウンドおよび成果物を、機能または性能を落とすことなく非侵害になるように修正する。

第15条 文書およびツール
1. すべてのAAA文書およびAAAツールもAAAの独占的財産であり、BBBまたはCCCは委託のためのみにそれらを使用することができる。
2. BBBまたはCCCはAAAツールを別途保管するものとする。AAAツールは登録され、AAAの名称および製品番号または相互に合意された識別番号を表示されるものとする。要請があれば登録簿のコピーをAAAに提出するものとする。AAAツールはBBBまたはCCCによって保守され、付保され、AAAから直接指示される以外の別の方法で使用、変更、解体、売却、または処分することはできない。
3. 本契約の解除時にまたはAAAから要請があり次第、BBBおよびCCCは AAAにすべてのAAAツールおよびAAA文書をも返却するものとする。

第16条 製造および販売の禁止
1. BBBおよびCCCは、AAAの書面による事前の承諾がなければ、貸し出された図面、バックグラウンドおよびフォアグラウンドなどに基づいて製造された製品をすべての他の第三者に対しても製造または販売しないものとする。しかしながら、この規定はBBBまたはCCCが本契約締結の以前に独創的に開発した製品には適用されないものとする。
2. BBBおよびCCCは、AAAの書面による事前の承諾がなければ、本契約期間中および本契約の解除後(    )年間は、成果物に類似しているかまたは同じ製品を製造または販売しないものとする。

第17条 修理部品の供給
BBBおよびCCCは、AAAから要請があれば、AAAが成果物の購入注文を発行しBBBまたはCCCが当該注文を承諾する期間中だけでなく、成果物を組み込んだAAAの製品の中止またはその他の理由によるAAAのBBBまたはCCCに対する注文発行の中止後(    )年間も、AAAの契約品の修理部品として成果物およびその部品または構成部品を供給し続けるものとする。当該成果物、部品または構成部品に適用される価格については全当事者間で協議し個別に決定するものとする。BBBまたはCCCが成果物用の構成部品を入手できないために成果物を継続して供給できない場合、全当事者は互いに協議して矯正措置を講じるものとする。

第18条 輸出および輸入
1. BBBおよびCCCは、BBBおよびCCCのバックグラウンドまたは成果物を本契約に基づいてAAAに引き渡すために必要なすべての(複数の)輸出承認をも取得し維持する責任を負う。
2. BBBまたはCCCが(複数の)輸出承認を取得または維持できない場合、AAAは前記(複数の)承認に影響されるそれぞれの本注文またはその一部を解除することができる。
3. BBBまたはCCCは、BBBもしくはCCCのバックグラウンドまたは成果物の輸出、輸入もしくは再輸出に関して法律、規制で義務付けられるかまたはAAAに合理的に要請される全ての文書について知らせそれらを発行するものとする。

第19条 秘密保持
1. 全当事者は守秘義務を保持するものとし、提供当事者の事前の承諾がない限り、提供当事者から秘密と指定されたすべての文書またはすべての情報についても、それが商業的または技術的性質であるかを問わず、本契約に従って相手方当事者から提供されものは、すべての第三者に対しても開示しないものとする。すなわち受領当事者は本契約の目的のためのみにその情報を使用するものとする。しかしながら、当該文書および情報は秘密保持の合理的な条件および対策のもとでAAAから顧客に開示することができる。
2. BBBおよびCCCは、BBBおよびCCCまたはそのすべての下請け業者もBBB、CCC またはその下請け業者の指名または本契約の条件もしくは本契約に基づいて決定されるすべての本注文についても、AAAの書面による事前の承諾がない限り、宣伝、公表またはその他開示しないことを保証する。BBB、CCCまたはそのすべての下請け業者がそれに関してすべての形式による公表を意図した資料のコピーも、まずAAAに提出して承認を求めるものとする。
3. 以下の場合、いずれの当事者もすべての秘密情報の開示に対しても責任を負わないものとする。
a) 開示時に公知であったか、または開示後に受領当事者の過失行為によらないで公知となる。
b) 提供当事者から受領した秘密情報を利用せずに独自に開発されていることが明らかである。
c) 提供当事者による開示以前に受領当事者が所有していた情報であった。
d) 提供当事者とは無関係の出所から、受領当事者がその他の方法で合法的に利用できるようになる情報である。

第20条 不可抗力
1. それぞれの当事者の履行が当該当事者の支配を超える予測不可能な事象によって妨げられる場合、本契約またはすべての本注文によって要求されるすべての当事者の履行も合理的な期間延期されるものとする。それら事象には天災、暴動、戦争、通商禁止または命令(政府の行為)を含むがそれらに限定されないものとする(以下「不可抗力」という)。
2. 不可抗力の場合、各当事者は即座に相手方当事者に対して書面によって通知しそれに関連する全ての情報を提供するものとする。
3. 不可抗力が(    )月を越えて続く場合、AAAは本契約またはすべての本注文をも解除する権利を有するものとする。その場合、AAAはBBBまたはCCCに対して解除の日までに履行された成果物の代金を支払うものとする。

第21条 解除
1. 本契約に既に具体的に明記されているものに加え、いずれの当事者も以下に記載するとおり本契約またはすべての本注文をも解除することができる。
2. 相手方当事者が解散しなくてはならないということを相手方当事者が決議するかまたは、いずれかの裁判所が命令を下す場合、または破産管財人、清算人、財産保全管理人、もしくは債権者のための管理人が指名される場合、または裁判所もしくは債権者に解散命令を出す権利が与えられる情況が生じる場合、いずれの当事者も即時発効でおよび相手方当事者に補償することなしに本契約またはすべての本注文をも解除することができる。
3. 相手方当事者が本契約または本契約に基づき決定された本注文について重大な違反を犯し、その違反を明記する書面による解除通知を受領してから(    )日以内に当該違反を矯正しなかった場合、いずれの当事者も即時発効でおよび相手方当事者に補償することなしに本契約またはすべての本注文をも解除することができる。
4. AAAは、BBBまたはCCCに書面による(    )日前の通知を与えることで、本契約および/または本注文の全部または一部をいつでも解除する権利を有するものとする。
5. AAAが第6条3項または第21条4項に基づいて解除する場合、AAAは解除時点での本注文に基づいて生じた実際の直接原価をBBBまたは CCCに支払うものとする。しかしながら、BBBまたはCCCの請求金額は本注文に明記される価格を決して越えないものとする。BBBまたはCCCはその他のすべての補償をも得る権利を有さないものとする。
6. 本第21条に従った解除の場合、第12条の1項(b)、2項(a)および2項(b)は解除の時点まで(その時点を含む)の成果物に関して適用されるものとする。AAAが本第21条3項に従って本契約を解除する場合、AAAは第12条2項(a)に従い、AAAの合理的な判断により委託の完成および委託による商取引の開発および成果物の継続的な供給という目的に必要なBBBおよびCCCのバックグラウンドの全てを利用しライセンスを付与される永久的な権利を有するものとする。

第22条 譲渡
1. いずれの当事者も相手方当事者の書面による事前の承諾がない限り、本契約またはすべての本注文をも譲渡することはできない。当該承諾は不合理に保留されないものとする。この記載にもかかわらず、該当するAAAの会社は別のAAAの会社に本契約を譲渡する権利を常に有するものとする。
2. AAAの書面による承諾がない限り、BBBまたはCCCは本契約または本注文に従った自己の義務のすべての部分をも下請けに出さないものとする。当該承諾は不合理に保留されないものとする。BBBまたはCCCはいかなる場合も、委託の履行および本契約の諸条件の遵守に対し、BBBまたはCCCが履行するかのように、責任を負い続けるものとする。

第23条 存続する義務
1. 第7条(品質)、第11条(製造責任)、第12条(財産権)、第13条(主張の否定)、第14条(侵害) および第17条(修理部品の供給)の規定は、すべての事由による本契約の解除後も存続するものとする。
2. 第19条(秘密保持)の規定は本契約の解除後(    )年間存続するものとする。

第24条 準拠法
本契約および本契約に基づき決定されるすべての本注文も、(    )法に準拠し同法に従って解釈されるものとする。

第25条 合意管轄
本契約または本契約に基づき決定されるすべての本注文から生ずる本契約の全当事者間の紛争も全て、専属的合意管轄裁判所である東京地方裁判所に提起されるものとする。

第26条 連絡担当者
本契約に関するAAA、BBBおよびCCCの連絡担当者は以下のとおりである。
AAA:
BBB:
CCC:

第27条 契約期間
1. 本契約の当初の有効期間は(    )年(    )月(    )日から(    )年であるものとする。AAAが相手方当事者に対して当初期間または本契約のすべての当該延長の満了の少なくとも(    )日前に本契約を解除する旨の書面による事前通知を与えない限り、本契約は自動的に更新され、その後(    )で継続するものとする。解除時には第21条6項が適用されるものとする。

以上の証として、本契約はその同一の副本3部に全当事者によって正当に署名がなされ、その各1通を各当事者が取得した。

AAAを代表して

署名:                 
氏名:                 
役職:             

BBBを代表して

署名:
氏名:
役職:      

CCCを代表して

署名:                 
氏名:                 
役職:             

データベース会員ログイン