コンテンツ

8c44j終了後の措置和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

終了後の措置

終了後の措置   01)
1.本契約が何らかの理由で終了された場合、XYZは、ABC若しくは契約品の販売店、代理店又はライセンシーとして自ら表明することを直ちに中止し、ABCから提供されるか又はABCが著作権若しくは所有権を有するすべての販促資料、マニュアル、パンフレット、原始コード及びその他の資料を、ABCに返還するものとし、契約品に関するすべての広告を中止するものとし、またABCの商標、サービスネーム、商号すべての使用を中止するものとする。XYZは、終了の時点で保有する契約品の在庫品について、本契約の条件に従った頒布及び再実施許諾を継続するか否か選択することができるが、但し、かかる頒布及び再実施許諾を継続する権利は、最高( )日間に限り継続するものとする。
2.本契約に規定され、或いは別途合意された、開示禁止及び/又は秘密保持のすべての義務は、本契約の終了後も存続するものとする。

終了後の措置   02)
第( )条及び第( )条に基づく本契約の終了又は解除の場合、XYZは、半製品、完成品、組立前の原料、廃棄物及びXYZの管理下にある機械類を、ABCの指示に従ってABCに返却するものとする。

終了後の措置   03)
いかなる事由によるにせよいずれかの当事者が本契約を終了した場合、又は本契約に含まれる規定により本契約の期間が満了した場合には、
a)ライセンシーは、本契約に基づきライセンサーから受領した許諾機械に関する全ての文書、カタログ、リーフレット、図面及び書面による技術情報を、遅滞なくライセンサーに返却するものとし、並びに
b)ライセンサーは、本契約終了時にライセンシーが保有する許諾機械の構成品及び部品の在庫を、ライセンシーの関税負担引渡しにて、ライセンシーから買戻す権利を有するものとする。当該オプションは、本契約終了前( )日以内に、その旨をライセンシーに書面で通知することにより行使されるものとする。当該通知がない場合には、ライセンシーは、ライセンシーが保有する当該在庫を本契約終了時に売却できるものとする。

終了後の措置   04)
契約期間の満了若しくは早期終了以前にサブライセンシーにより又はサブライセンシーのために製作されたいかなる許諾製品も、サブライセンシーは、当該日から( )カ月間は販売することができるが、但し,以下のことが条件となる。
a)当該許諾製品は、いかなる時にもライセンシー及び/又はライセンサーにより不承認とされていないこと、
b)当該満了時若しくは早期終了時にサブライセンシーの在庫品における許諾製品の数量が適正な在庫を超過していないこと、
c)サブライセンシーは、満了日又は早期終了日後( )日以内に、当該日の在庫品における許諾製品の数と説明を記した文書による明細をライセンシーに提出すること、
d)サブライセンシーは、本契約中にて上述した利率で当該販売に関する発生ロイヤルティを、サブライセンシーによりそれ以前に支払われたいかなる年間保証ロイヤルティの額もそこから差し引くことなく、ライセンシーに支払い続けるものとすること、並びに
e)本条に従って支払われる発生ロイヤルティ額は、上記( )カ月末から( )日以内に支払われるものとする。

終了後の措置   05)
いかに終了したかにかかわらず、本契約の終了時に、
a)ABCは、実行可能な限り速やかに、XYZ及びXYZの顧客のデータ及びプログラムすべてを返却するものとする。
b)ABCは、XYZの既存の顧客にサービスを提供するか、又はXYZが、両当事者が相互に合意した条件に従って自己の既存の顧客に対し引き続きサービスを提供することを許可するか、いずれかを選択する権利を有するものとする。ABCにより別途許可された場合を除き、オペレーティング・システム及びアプリケーション・ライブラリの使用、並びにABC情報サービスのマーケティングを中止するものとする。
c)XYZは、妥当に現実的な限り速やかに、契約商標への言及すべてが削除されるように、電話帳等の出版物からすべての登録を除去させ、すべての便箋類、広告、販促資料及び記号を変更、除去若しくは抹消させるものとする。
d)XYZは、ABCが所有又は使用する商標と類似若しくは酷似し、混乱を招く恐れのある、いかなる取引様式、商号若しくは商標をもその後使用しないものとする。
e)XYZは、「私有データ」、「( )私有データ」、「( )私有データ」若しくは「営業秘密-極秘」の語句が記されたり、又は押捺されている、社内使用のマニュアルすべてのコピー、並びにドキュメンテーション、書類及び資料のすべてのコピーを、終了から( )日以内にABCに返却するものとする。ABCが、第( )条( )項に従って開発されたドキュメンテーションを、両当事者が相互に合意する条件に基づき取得することに、( )日以内に同意しない限り、XYZは、XYZ自身の財産を除く、かかるすべてのドキュメンテーションを破棄するものとする。

終了後の措置   06)
1.理由のいかんを問わず、本契約の終了の場合、本契約中にてライセンシーに付与されたすべての権利及び特権は、直ちに中止し、終了するものとし、ライセンシーは、本契約に基づき終了日までに支払うべきすべての金員を速やかにライセンサーに支払い、終了日現在における、第( )条( )項に規定の会計報告書をライセンサーに提供するものとする。
2.ライセンシーは、本契約の終了の場合には、直ちに「( )」の実施権者であると表示することを中止し、またいかなる形態においてもライセンサーのサービスマーク、商標、商号、ロゴ、方法又は技法の使用を完全に中止し、また「( )」、「( )」、「( )」、「( )」という言葉又はその他本実施権の主題若しくはそれらの追加である名称若しくはロゴを、ライセンシーが事業を運営している場合には、ライセンシーの事業の名称から削除し、名称を変更することを約束し、同意する。
3.更にライセンシーは、理由のいかんを問わず、本契約の終了後( )年間、ライセンサーの書面による同意がない限り、単独で、或いは他の人物、企業若しくは会社と共同で、又はこれらの代理人若しくは被雇用者として、直接又は間接を問わず、上記第( )条に言及の契約地域における( )及び( )産業及びその顧客向けのコンピュータ・システムを開発、宣伝、販売促進、マーケティング又は販売する事業に従事し、関連し、又は利権を有することを差し控えることを約束し、同意する。

終了後の措置   07)
本契約の終了と同時に、本契約に基づいて弊社により貴社に引渡された商品及び契約品のいかなるものも、相互の合意に基づきそれらの処分が決定されるものとしますが、但し、再包装の工程にない商品は別とし、それは、すべて弊社の選択で弊社に返却されるものとします。更に貴社は、かかる終了と同時に、本契約に関連して貴社により取得され、契約品のみに関する厚生省認可に基づく契約品の製造を、貴社が中止することに同意します。

終了後の措置   08)
いかなる理由であれ本契約が終了した場合、ライセンシーは、本契約の主題である本システムの取引きを直ちに中止するものとし、且つその所持しているすべての関係資料を速やかに会社に返還するものとする。

終了後の措置   09)
原因のいかんを問わず本契約の終了から( )週間以内に、ライセンシーは、本システムのすべての複製物及びライセンシーが会社から受領した、マニュアルを含むがそれに限定されない、すべての資料を会社に返還するものとし、また本契約の第( )条に関連して作成されたすべてのプログラム複製物を破棄するものとする。

終了後の措置   10)
本契約により借り手が同意した借り手の遂行するべき義務に関して借り手による不履行が起こった場合又は本契約当事者間で別途締結された販売店契約がいかなる理由かにより終了した場合、貸し手は、自らの選択で、貸付金及びそれに対する利息の総残額を借り手が即座に支払うよう宣言することができる。

終了後の措置   11)
ライセンサーによる本契約の終了の場合、ライセンサーは、かかる終了の時点において本契約に基づき支払われるべきあらゆる料金又はロイヤルティを回収する権利を有し、ライセンシーは、かかる要請があった場合には、当該金額を支払うことに同意する。

終了後の措置   12)
サブライセンシーは、契約期間の終了後、本契約の次条に明確に規定する場合を除き、( )アイデンティフィケーション及び( )デザインを使用するサブライセンシーのすべての権利は完全に終了することを了解し、合意し、またサブライセンシーは、その後、( )アイデンティフィケーション又は( )デザインに関連したいかなる品目も、製造、広告、促進、頒布、又は販売しないものとする。

終了後の措置   13)
本賃貸借契約の期間満了又は早期終了の際、借主は、貸主が提供したかどうかにかかわらず、借主、その従業員及び顧客が所持する設定区域内のすべての場所へ立ち入るためのすべての鍵を貸主へ譲り渡すものとし、設定区域又は本件建物、その扉、壁又は窓に借主又は貸主によって借主のためにつけられたすべての文字及び明示マーク又は掲示を、自らの費用で除去するものとし、更に当該除去によって扉、壁若しくは窓に生じた損傷又はきずを補修するものとする。

終了後の措置   14)
本契約で認められたいかなる方法による本契約の終了にもかかわらず、購入者は、手許にある( )を完成させ、購入者の手許にある( )及びそのパーツの在庫を販売することができる(但し、本契約の条件に基づく場合のみ)。

終了後の措置   15)
本契約の定めに従って本契約が終了した場合には、プロジェクトの財産及び資産は、以下のとおり分配されるものとする。
a)現金以外のすべての財産及び共同事業資産は、終了から1年以内に、集められ、現金を対価として売却されるものとし、参加者は、売却されるあらゆる財産及び資産について入札し、購入する権利を有するものとし、
b)共同事業プロジェクトの借金及び債務は、参加者に対する分配の前に、最初に全額支払われ、履行されるものとし、並びに
c)残った現金は、その後にそれぞれの持分に応じて参加者に対して分配されるものとする。

終了後の措置   16)
ある参加者が第( )条に従って終了通知を行い、他の参加者が第( )条に従って続行の選択通知を行わない場合には、本契約は、かかる終了通知の( )日後に終了するものとし、或いはある参加者がかかる選択通知を行ったが定められた期間内に第( )条の条件を満たさない場合には、本契約は、かかる選択通知の( )日後に終了するものとする。上記の定めに従って又は第( )条に従って本契約が終了する場合には、本契約により参加者に対して付与され又は賦課されたすべての権利及び義務は取消されるものとし、本契約は、その後、本契約及び経営契約に基づいて負担した費用又は経費に関する参加者間の及びマネージャーとの精算に関するものを除いて、もはや効力を有しないものとする。但し、かかる終了にもかかわらず、第( )条は、完全にその効力を持続するものとする。

終了後の措置   17)
本契約の終了が、(a)情報の秘密保持、(b)補償、(c)履行された役務に対する報酬、並びに(d)取得したすべてのデータの適切な報告に関して、いずれの当事者の、相手方当事者に対する義務も免責するものではない。

終了後の措置   18)
当事者B又は当事者Cが、予算又は製作日程及び資金運用計画の範囲内にとどまれないと、当事者Aが決断した場合、或いは当事者B又は当事者Cが本契約に著しく違反した場合、或いは何らかの理由で、B氏又はC氏が、役務を提供することが不可能となった場合、当事者Aは、他の諸権利又は救済措置について制限を受けることなしに、本プロジェクトの製作を接収する権利を有するものとする。接収の場合には、当事者B及び/又は当事者Cは、プロジェクト関連のすべての資料、施設及び機器を、当事者Aに引渡し、及びそれに対する独占的接近を提供するものとし、並びに本プロジェクトに関するすべての約定は、自動的に当事者Aへ譲渡されるものとする。

終了後の措置   19)
いかなる事由によるにせよいずれかの当事者が本契約を終了した場合又は本契約の定める条件により本契約の期間が満了した場合には、ライセンサーは、本契約第( )条に定める許諾機械に関する保証の義務を除いて、いかなる種類の責務又は義務もライセンシーに対して負わないものとする。

終了後の措置   20)
第( )条のすべての条件は、いかなる理由にせよ被雇用者の雇用終了後( )年間、効力をもって有効に存続するものとする。

終了後の措置   21)
1.終了の場合、代行者は、終了日前に受領した全注文に関する全船積品に関して手数料請求権を有するものとする。代行者は、更に、代行者が終了前に作業を行った製品計画について、終了日後( )暦年間に受領した追加注文に関する手数料請求権を有するものとする。
2.第( )条に設定された率の全手数料が、本契約に基づく代行者の作業により受注された契約品で、終了日に生産に入っているものに関して、終了日後( )暦年間支払われるものとする。
3.第( )条に設定された率の全手数料が、本契約に基づく代行者の作業により受注された契約品で、終了日に未だ生産に入っていないものに関して、生産出荷の開始から( )暦年間支払われるものとする。

終了後の措置   22)
ライセンシーは、本契約終了時に存在する本契約に基づく債務又は責任を免除されることはないものとする。

終了後の措置   23)
借主による本契約の任意若しくはその他の放棄又は合意による本契約の解消は、混同の効果を生ぜしめず、貸主の選択により、既存の転貸権若しくは転借権の全部又は一部を終了し、或いは貸主の選択によりそれらの転貸権若しくは転借権の全部又は一部を貸主に移転させるものとして作用することがある。

終了後の措置   24)
貸主又は建物の承継所有者が建物を売却又は譲渡する場合、その後生じる本契約に基づく原貸主又は承継所有者のすべての義務及び責任は、消滅し、それらの義務及び責任は、新所有者を拘束するものとする。借主は、新所有者を承認するものとする。

終了後の措置   25)
1.ある参加者が第( )条( )項に従って終了通知を発した場合には、他の参加者は、かかる終了通知の日付から( )日以内に、他のそれぞれの参加者に対して書面による選択通知をして、プロジェクトの開発、建設及び運転の続行を選択することができる。
2.少なくとも一人の参加者が、続行の選択通知を行う場合には、
a)終了させない参加者は、かかる通知の後( )日以内に、共同事業及び共同事業資産に対するそれぞれの終了させる参加者の持分のすべてを、それぞれの持分に比例した割合で取得するものとし、それを約因として、i)その後に、本契約、ライセンス契約、経営契約、売買契約及び供給契約に基づいて発生する義務及び債務のすべてを負担し、履行することに同意するものとし、並びにii)かかるそれぞれの終了させる参加者に本契約及び前項i)で述べた他の契約に基づいて発生するすべての債務によって損害を与えないようにすることに書面によって同意するものとし、

b)かかるそれぞれの終了させる参加者は、上記a)号で定めた同意及び条件を終了させない参加者が満たす場合には、その共同事業及び共同事業資産に対する持分のすべてを譲渡し、移転し及び移譲するものとし、終了させない参加者に対して、かかる持分の移譲に関連して生じる、州、対象国若しくは行政部局又はそれらの課税当局が賦課するあらゆる所得税及びその他の課徴金、賦課金、関税又はその他の税とそれらの利子又は罰金を支払い、終了させない参加者に損害を与えないようにすることに同意するものとし、
c)終了させない参加者が終了させる参加者の持分について支払うべき価格は、共同事業資産の市場価額からかかる終了させる参加者の持分に帰せられる共同事業の債務を減じた額とし、また
d)上記a)号、b)号及びc)号の中に含まれている同意及び条件のすべてが満たされる場合には、それぞれの終了させる参加者は、それによって、共同事業に対してもはや利益を有しないものとし、それぞれの参加者が本契約に基づく自己の義務を以上によって終了させる場合には、本契約及び経営契約は、本契約及び経営契約の条項の定めに従って終了するものとする。

3.それぞれの参加者は、他の参加者がプロジェクトの開発、建設及び運転を続行することを選択する場合には、本条に従って購入される持分のより効率的な移譲のために合理的に要求される、本契約、ライセンス契約、経営契約、売買契約及び供給契約に関連するすべての追加の行為、証書及び保証を履行し、作成し、承認し及び交付するものとすることに同意する。

データベース会員ログイン