コンテンツ

8c37j改良、新製品、設計変更等和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

改良、新製品、設計変更等

改良、新製品、設計変更   01)
ライセンサーは、本件システムに関するすべての最新版及び改良につき、速やかにライセンシーに通知するものとし、ライセンシー及びその顧客の利益のために、ライセンサーの顧客若しくは他の実施権者に一般的に供与しているものと同一の条件にて、かかる最新版と改良及び関連書類をライセンシーに供与するものとする。

改良、新製品、設計変更   02)
本契約期間中、供給者が契約品に匹敵する可能出力及び機能を有する新型又は改良型の装置の試作品を完成する場合には、供給者は、直ちに購入者に通知するものとする。購入者は、購入者がその時に購入するよう義務付けられた契約品の代わりにかかる新型又は改良型の装置を、かかる新型又は改良型の装置の生産モデルの最初の船積みの( )日後以降に予定された引渡しから購入する権利を有するものとする。かかる代用装置の引渡価格及び引渡条件は、すべての関連のコスト要因を考慮した後、類似の製品について当該引渡しの時に効力を有している引渡価格及び引渡条件と同等とする。

改良、新製品、設計変更   03)
1.供給者は、購入者が書面によって随時要請する合理的なエンジニアリング上の変更を契約品に組み入れるものとする。かかる変更が、契約品の生産のために必要なコスト又は時間に影響を及ぼす場合には、購入者は、価格又は引渡期日の公正な調整を供給者に許諾するものとする。調整に関する請求は、その請求通知が購入者のエンジニアリング上の変更のための要請の供給者による受領後( )日以内に購入者に対して行われていない限り、権利放棄されたものとみなされるものとする。
2.供給者は、購入者からの書面による承認を得た後においてのみ契約品の形式、仕上げ又は機能に影響を及ぼすエンジニアリング上の変更を行うことができ、かかる承認は、不当に留保されないものとする。

改良、新製品、設計変更   04)
ライセンシーは、本契約の締結後( )日以内に、本契約に基づいて実施許諾された本件システムがライセンシーの地域内の( )産業において使用される場合に適用されるすべての法令、条令及び規則に準ずるように手を加え、更に、本件システムのすべての部品を( )に改造するものとする。かかる変更、変換、修正又は機能強化部分のいかなるものも、ライセンサーの唯一の財産となるものとし、本契約においてその他特に規定される場合のみライセンシーの使用に供されるものとする。

改良、新製品、設計変更   05)
契約品は、売り主の規格に従って設計され、並びに売り主は、その仕様書、図面及び規格を変更する権利を留保するが、但し、かかる変更は、契約品の性能を損わず、契約品は、性能保証に合致することが条件となる。売り主が自己の選択で行った変更は、自己の費用にて行われるものとする。

改良、新製品、設計変更   06)
1.製造者は、購入者より提供された設計図と仕様書に従い契約品を製造することに同意する。製造者は、購入者による同意書なくして、かかる設計図及び仕様書中に規定された契約品の設計を変更しないものとする。製造者は、契約品に関する一時的製造遅延又は信頼性欠除や性能に帰因すると判断した設計上の欠陥を認知した場合、速やかにその旨購入者に通知するものとする。いかなる場合においても、製造者は、購入者が承認したか否かにかかわらず、契約品の設計上の変更から生ずる請求若しくは訴訟につき、その責任を負うものとする。
2.購入者は、本契約期間中、必要又は望ましいとみなす仕様若しくは設計の変更を、かかる変更の詳細を製造者に書面にて通知することによりいつでも行う権利を留保する。製造者は、かかる変更の詳細を受領してから( )営業日以内に、要請された変更を採用することの効果を詳述した、輸入価格、製造及び引渡しに関する影響報告書を購入者に提出することに同意する。この際製造者及び購入者は、かかる仕様及び設計の変更を加えた契約品の修正単価に関し相互に合意するものとする。

改良、新製品、設計変更   07)
将来の日において、本プロトコールの変更が望ましいと思われた場合は、かかる変更は、クライアント/ABC及び研究所との間の事前合意(プロトコールの修正)によって行われるものとする。かかる変更が研究価格に影響を与えると予想される場合は、XYZは、ABCに見積書を提出するものとする。

改良、新製品、設計変更   08)
1.ABCは、製品の改訂及び機能強化に関する情報を、適時XYZに提供する。
2.ABCは、本プログラムの機能性及び/又は市場的魅力が、相当に向上したと信ずる本プログラムの新版について、そのドキュメンテーション並びに目的コード及び原始コードのコピーを時機に見合った方法で、XYZに提供する。かかるコピーは、( )部を超えないものとする。
3.ABCは、本プログラムのバグ修正、新機能及び機能強化に関し、XYZに速やかに通知するためにすべての妥当な措置を取り、XYZから問い合わせを受けた技術的及び市場開拓に関する関連問題について、適時回答するものとする。
4.上記本条2項及び3項に言及されている場合を除き、ABCは、ABCがその時点で顧客に提供している本プログラムの最新版1部以上を、XYZに提供する義務を負わないものとする。
5.契約品の更新版又は改訂版について、XYZが契約品の既存の顧客に対し取っている価格政策は、XYZにより決定されるものとする。ABCは、改良版又は機能強化版がXYZに提供された時点で、改良版の販売についての追加ロイヤルティの額を設定するものとする。

6.ABCは、本プログラムの姉妹品又は関連製品としてABCが市場に出そうと計画し、顧客に発売する新製品に関するいかなる情報も、適時XYZに提供する。
7.ABCは、本契約の期間中、( )内に主たる営業所を有する他のいかなる当事者に対しても姉妹品又は関連製品とともに( )語に翻訳されるドキュメンテーションを販売する権利を付与する前に、当該製品の( )における販売権を、XYZに対し提示するものとする。
8.ABCは、新製品の概説と、ABCが販売の契約から期待する財務条件の概要を、XYZに提出するものとする。XYZは、通知受領日から( )日以内に、当該新製品を販売する権利について、ABCから提供を受けた条件及び情報に基づき、誠実に交渉に臨むとの希望を言明するものとする。XYZが、かかる意図を言明しない場合、ABCは、XYZに対しかかる販売権を提示する義務を負わないものとする。

9.XYZが、ABCから提供を受けた条件及び情報に基づき、誠実に交渉に臨むとの希望を言明した場合、ABCは、発売前のソフトウェア製品に、その時点で存在する( )語のドキュメンテーションを添えて、又はABCが顧客に販売活動を行っている最新版との、いずれか最も新しい方を、ABCの契約案とともに、速やかにXYZに送付する。XYZが当該製品を受領してから( )日以内に、ABCとXYZが契約を署名締結しない場合には、ABCは、XYZに対し、これらの類似の、又は実質的に修正された条件において当該市場取引権を提示する義務を負わないものとする。( )日の期限満了後、ABCが新製品についての市場取引契約の諸条件を修正する場合、ABCは独自の裁量において、修正条件に基づく当該市場取引権をXYZに提示するか否かを決定するものとする。
10.XYZの原始コード実施権は、( )のコンピュータ及びその互換システム上での、( )を支援することに制限されている。XYZは、ABCに対し完全に開示し、且つABCの事前の書面による同意を得ない限り、他の( )標準又は他のコンピュータ・システムの支援を目的に、原始コードを修正し、それに含まれる概念又はアイディアの利用を企てない。かかる合意は、ABCの独自の裁量に任されるものとする。

改良、新製品、設計変更   09)
製造者は、自らが製造、頒布又は販売するあらゆる契約製品又は契約コンポーネントを、製造者が随時独自の裁量で必要又は望ましいとみなしたときに変更又は廃棄する権利を留保する。また、製造者は、別の最終製品又は製品コンポーネントを、製造者が随時独自の裁量で必要又は望ましいとみなしたときに追加する権利を留保する。

データベース会員ログイン