コンテンツ

8c19j支払い和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

支払い

支払い   01)
本契約に基づいてライセンシーがライセンサーから購入する許諾機械及び/又は構成品及び部品についての支払いは、ライセンシーがライセンサーを受益者として開設する確認付取消不能一覧払信用状にて行われるものとする。

支払い   02)
支払いは、( )カ月前に開設し( )カ月間有効な、各船積みの全額に対し一覧後取消不能信用状(L/C)によりなされるものとする。船積みの遅延によりL/Cの有効期間を延長する必要が生じる場合、銀行及びL/Cの有効期間を延長する必要が生ずる場合、銀行手数料及びL/C訂正料は、XYZが支払うものとする。

支払い   03)
途中脱会又は契約解除のパートナーのパートナーシップ利権を購入する選択権の行使の場合には、残留パートナーズは、本契約第( )条の規定により決定された利権の価格を本契約で合法的に権限を与えられた者に支払うものとする。

支払い   04)
受託者は、委託された契約品を販売し、委託者に代わって受託者が販売したすべての契約品の販売対価総額を集金する責任を負い、また受託者は、当該契約品の本船渡( )価格で計算されるところの、販売されたすべての契約品の総額を、受託者の販売後( )日以内に委託者へ送金するものとする。本契約中にて使用される「受託者の販売」という語は、受託者の所在地又は倉庫から顧客へ向けた契約品の船積みを意味する。

支払い   05)
1.船荷証券の原本、インボイス及び荷造目録を含むすべての船積書類受領後( )日以内に、買い手は、( )通貨で、製造業者により指定された銀行に対する、インボイスの総額分の手形金額の送金により、引渡された製品の支払いを履行するものとする。
2.すべての支払いは、( )通貨でなされるものとする。

支払い   06)
すべての価格は、( )で請求されるものとし、すべての支払いは、インボイス日から( )日以内に( )で決済されるものとするが、船積日より早いものではないものとする。

支払い   07)
当事者Aは、上記スケジュールに指定されたとおりに信用状を開設するものとする。当事者Aが、信用状を開設しない場合は、当事者Cと当事者Bは、直ちにその販売契約を解除し、契約品をいつでも当事者Aの勘定と危険において処分することができる。当事者Aは、更に、利息、期待利益及び他の料金と支出を含む当事者Aの債務不履行により被ったすべての損害賠償金を、当事者C及び当事者Bに賠償するものとする。

支払い   08)
XYZは、前月の初日から月末までに行った販売額を含む、業務に関する報告書を毎月10日までにABCに書面で送付するものとし、本契約第( )条( )項に規定した手数料は、XYZからの報告書をABCが受領した翌月の20日に、ABCによりXYZに支払われるものとする。

支払い   09)
工具及び金型の第1回目の一式について合意された費用は、以下の方法でABCがこれを支払うものとする。
1/3-契約書への署名時
1/3-テスト見本の承認時
1/3-第1回製造引渡しの受諾時
その後の工具及び金型の一式については、XYZがこれを支払うものとする。

支払い   10)
本契約に従って支払われるべきすべての金額又は本契約に従って行われた取引の支払いは、次のとおり行われるものとする。
a)第( )条に規定されたとおり支払われるべき手数料は、当該手数料の支払日に先立つ最終営業日における公認為替レートの引け値に基づき、( )にて算出されるものとする。当該手数料は、第( )条に規定の条件に従い、毎年( )月( )日及び( )月( )日に支払われるものとする。
b)本契約第( )条に基づく治工具に関する支払額は、本契約中にて以下規定される当該金額の支払日に先立つ最終営業日における公定為替レートの引け値に基づき、( )に相当する金額が( )にて購入者に対し支払われるものとする。かかる支払額は、本条で規定される金額で、各年の( )月( )日に毎年支払われるものとする。

支払い   11)
1.イニシャルペイメント、ロイヤルティ、その他今後XYZがABCに支払うべきいかなる収益も、すべて( )にて支払われる。
2.ABCに支払われる( )の金額は、支払時の( )/( )為替レートにて計算されるものとする。半期毎のロイヤルティ又はその他の半期毎に支払われる額は、それぞれの半期の最終営業日に通用の外国為替レートに基づき支払われるものとする。

支払い   12)
1.ライセンシーによって支払われるべきすべての料金、支払い又はその他の費用は、( )建で支払われるものとする。
2.すべての支払いは、( )銀行の口座番号( )の会社の口座又は会社が随時書面にて指定する他の口座に、ライセンシーによって電信送金されるものとする。
3.四半期毎になすべきことを要求されるすべての支払いは、暦に従った四半期を基準として、四半期の終了から( )日以内に支払いがなされるものとして、行われるものとする。
4.会社は、本知的財産をライセンシーに提供するに際して会社に発生したすべての出荷及び取扱費用を負担するものとする。
5.ライセンシーは、支払期限超過のいかなる料金に対しても、月毎に未払残額の( )パーセントの遅延支払料を支払うこと、並びに会社がライセンシーから支払われるべき当該支払期限超過料金を回収するに当って被ったいかなる合理的費用をも会社に償還することに合意する。
6.ライセンシーは、ライセンシーによって会社に対して支払われるロイヤルティーに関して契約地域のいずれかの政府機関が会社に課すことがありうるすべての税金を、計算し、会社に代わって支払うものとする。ライセンシーによって支払われる当該税金の金額は、ロイヤルティーの支払いから控除されるものとする。ライセンシーは、税金の当該各支払いの後直ちに、公給の納税証書及びその英語訳を、会社に対して提出するものとする。当該税金が支払期限到来時に支払われない場合、会社に課されるすべての結果として生ずる罰金及び利息は、ライセンシーによって負担されるものとする。

支払い   13)
本契約に従ってサブライセンシーからライセンシーになされるすべての支払いは、ライセンシーの( )銀行( )支店口座番号( )に振り込まれるものとする。各々の支払いを受領すると同時に、それが年間最低保証ロイヤルティか発生ロイヤルティかを問わず、ライセンシーは、ライセンサーに対し若しくはライセンサーに代わり、支払うべきは何であれすべて支払う責任を負うものとする。

支払い   14)
XYZは、XYZが送り込んだ旅行客の旅行代金徴収の責を負い、ABCへの送金は、旅行終了後( )日以内にABCが指定する銀行宛に行われるものとする。但し、( )へのツアー手配の場合は、前払いが行われる。
a)ABCが、XYZの送り込んだ旅行客用のXYZの売上代金を徴収する場合、ABCは、旅行代金受領証の写しを添付した通知をXYZに与えるものとする。
b)旅行客又は旅行代理店が、旅行に起因する請求又は苦情に関し、賠償を要求する場合には、当該請求又は苦情は、当事者間の協議により解決されるものとする。
c)XYZは、問題解決のために、上記請求又は苦情の原因と責任を明らかにし、ABCが責を負う場合においても、当該請求又は苦情を解決するようABCと協力するものとする。ただし、ABCは、原則として( )で請求又は苦情の解決を図るよう最善を尽くすものとし、当該請求又は苦情をXYZに対し申し立てないものとする。

支払い   15)
ABC/DEFによって行われる本件研究及び本契約に基づいてすべての当事者によってJKLに提供されるサービスの対価として、JKLは、JKLとGHIとの間で別途合意した金額をGHIに支払うものとする。GHIは、MNOにGHIとMNOとの間で別途合意した金額を支払うものとする。MNOは、DEFにMNOとDEFとの間で別途合意した金額を支払うものとする。DEFは、ABCにDEFとABCとの間で別途合意した金額を支払うものとする。

支払い   16)
本契約における見積費用は、承諾された場合でも、XYZが本契約に署名した後( )日の確認と調整を条件とする。見積費用は、またXYZが本契約に署名した後( )日以内に、研究所がすべての必要なテスト資料及び本申込みで概要が述べられた研究を行うために必要とする他のデータを受領することに基づいて予測されたものである。ABCのXYZに対する見込支払予定は、以下のとおりである。
a)( )年( )月( )日までに( )。
b)( )年( )月( )日までに( )。
c)最終の研究所の報告が完成した時に、最終支払額( )に加えて( )、( )及び( )の追加費用。

支払い   17)
それぞれの参加者は、本契約日の後に随時に及び第( )条において又はそれに従って特定された支払期日及び支払場所において、マネージャーに対して、マネージャーがいかなる時点においても(i)建設費用を支払うことを許可し、並びに(ii)プロジェクトが完成し及び運転される日付において、本契約、ライセンス契約、経営契約、売買契約、供給契約及びマネージャーが経営契約によって参加者の代わりに支払いを行うことが要求されるその他のすべての契約に基づき又はそれらに従って、当該日付の後60日以内に満期となり支払うべき参加者の金融債務のすべて及びマネージャーが必要と考える運転資金のための追加の金額を支払うことができるに十分な資金を、手元に有することを可能にするために必要なすべての金額に対する自己の持分を支払うことに同意する。かかるすべての金額は、第( )条に従って、要請時にマネージャーに支払われるものとする。本条に従っての支払いに関するマネージャーによるそれぞれの要請は、かかる要請において明示された金額が本条において定められた目的のために要求されるというマネージャーによる決定に基づいてその要請が行われることを示すものとし、且つ当該明示金額の目的を明示するものとする。

支払い   18)
1.ABCは、飛行船の製作費用として、( )通貨で( )をXYZに支払うものとする。
2.支払条件は、以下のとおりとする。
a)本契約締結後( )日以内に( )通貨で( )
b)飛行船のサイトへの据付完了後( )日以内に飛行船製作費総額の( )パーセント
c)ビデオ及び写真撮影終了後( )日以内に飛行船製作費総額の残額
3.この金額の支払方法は、電信送金とする。
4.ゾーン探査のためのサイトをみつけるために発生する諸費用は、チームに発生する費用も含め、ABCにより負担されるものとする。
5.サイトまでの旅費、サイトでの生活費及びその他の費用は、本契約各当事者により比例して負担されるものとする。
6.プロジェクトに関するすべての必要な諸費用は、本契約に明示的に規定されていない限り、XYZにより負担されるものとする。

支払い   19)
1.本件工事契約に基づく支払いに関する各請求が発注者の代表者又はそのエンジニア(本件工事契約に定義するところにより、本契約中にて以下「エンジニア」と称する)に提出されるべき日の( )日前までに、各会社は、当該請求が関係する期間にそれぞれが実施した工事の価額(本件工事契約の諸条件に従って主張される)を記載し、発注者に直接名宛された計算書(本契約中にて以下「契約計算書」と称する)を作成するものとし、当該契約計算書は、プロジェクト・ダイレクターに交付されるものとする。
2.プロジェクト・ダイレクターは、本件工事契約に基づいて関係する支払請求に関する契約計算書が本条第1項に従って同人に交付された後速やかに、共同企業体のカバー・レターを付けて当事者等の請求書をエンジニアに回付するものとする。
3.各当事者は、自己の銀行口座で個々の契約計算書に関する発注者の支払いを受領する。

支払い   20)
上記第( )条に記載の金額の送金は、代行者により送金が要求された日より( )日以内に会社が代行者に行うものとする。

支払い   21)
本契約両当事者は、代行者に対する報酬の支払いに関する最初の要求が( )年( )月( )日前になされることはないことについて了解する。但し、この日に代行者が( )年( )月、( )年( )月及び( )月分の報酬の送金を要求することができることについて合意する。

支払い   22)
上記第( )条は、代行者が( )年( )月( )日まで( )を受領することを規定しているが、( )の会社の子会社が( )年( )月( )日前に操業を行い、当該子会社( )が別の契約により規定されたところにより代行者のサービスを受け続ける場合、会社は、もはや上記第( )条に規定されている支払いを行うことを義務付けられないものとする。

支払い   23)
本手形の元金及び利息の支払いは、当該支払いの時点で公的及び私的負債の支払いのための法的通貨とされている( )の硬貨又は通貨でなされ、かかる支払いは、本手形の所持人の選択で、本手形の登録名義人宛で会社の登記簿上にある当該者の住所に郵送される、小切手により行うことができる。

支払い   24)
1.買い手が引受けたD/A手形の各支払期日及び/又は両当事者間の販売契約にかかわらず、売り手と買い手の両者は、買い手が以下の支払予定表に従い支払いを行うことに合意する。
**次の記載は、「支払期日:各支払金額」となっている。**
( )年( )月末:( )
( )年( )月末:( )
( )年( )月末:( )
( )年( )月末:( )
( )年( )月末:( )
**合計/( )
2.買い手が、売り手の事前の書面による同意なく、一度でも期限通りに支払いを行わない場合、買い手は、上記に規定された支払猶予期間を剥奪され、その時点で存在するすべての残高をまとめて直ちに支払うものとする。

支払い   25)
1.販売店契約の個々の売買契約に基づき、XYZがABCに振り出した支払手形の各満期日にもかかわらず、ABCとXYZは、XYZが下記の日程どおり支払いを行う旨、合意する。
**次の記載は、「支払金額/支払期日/手形番号/項目」の順となっている。**
a)( )/( )/( )/( )
b)( )/( )/( )/( )
c)( )/( )/( )/( )
d)( )/( )/( )/( )
e)( )/( )/( )/( )
f)( )/( )/( )/( )
2.XYZが、ABCの事前の書面による同意なくして、満期支払額のいずれかでも支払いをなし得なかった場合には、XYZは、上記に定める支払猶予期間を剥奪されるものとし、各手形の金額を当初の満期日どおりに支払うものとする。

支払い   26)
XYZは、本契約で規定された全金額が、ABCに対し、支払期日に( )で支払うことができるように適正かつ継続的な精励さをもって、本契約の署名後速やかに、( )の為替管理当局その他の関係当局が要求する必要な届出及び登録の手続きを行うことに最優先の責任を有し、またXYZは、かかる手続きの費用を負担するものとする。XYZは、( )政府から書面による認可を取得してから( )日以内に、上記の手続きに関連するすべての認可、承認及びその他の書類及び記録の写しをABCに送付するものとする。かかる政府の認可が( )年( )月( )日までに交付されなかった場合、両当事者は、本契約を終了するか、或いは( )の関係当局の最終決定までの相互に合意した日まで存続させるか否かを決定するために、誠意をもって協議することに同意する。

支払い   27)
賃借人は、前記賃借料を以下の方法で支払うことに同意する。
a)( )年操業シーズンに対し、借地人は、本契約の締結日に( )、( )年( )月( )日以前に( )、( )年( )月( )日以前に( )、並びに( )年( )月( )日以前に同年中の( )の購入から発生した賃借料の全残額。
b)本契約の期間中の( )年に続く各年度に対しては、( )月( )日以前に( )、( )月( )日以前に( )、並びに同暦年の( )月( )日以前に同年中の( )の購入から発生した賃借料の全残額。

支払い   28)
XYZへの上記役務料の支払いは、ABCによる上記ロイヤルティの各受領後( )日以内に送金されるものとする。

支払い   29)
本契約に基づいて支払われるすべての支払いは、開始日又は満了日が1月1日及び/又は暦月の初日以外の日にあたる場合には1カ月を30日及び/又は1年を365日として比例配分で計算されるものとする。

支払い   30)
売り手側弁護士は、預託を受けた買取代金残額を下記のとおり処理する取消不能且つ無条件の権限を売り手から授与される。
a)当該買取代金残高の受領日から1週間以内に、用地の受戻しと担保からの解放を得るために売り手の勘定で支払うべき金額があるならばこれを担保権者に支払うこと。
b)売り手側弁護士が本契約第( )条( )項に基づき処理することが予定される( )の金額(本契約中にて以下「留保金」と称する)を留保すること。
c)用地に関する未払免役地代及び国税並びに/或いはその他の未払地方税及び賦課金の一切を完済し、その受領書を買い手側弁護士に速やかに送付し又は送付させること。
d)買い手若しくはその指名する者のための移転登録が完了した時、又は用地の権原証書、及び州機関及び委員会の同意書を買い手側弁護士に送付した日から( )日経過した時に、本条b)号及びc)号の留保金及び支払金一切を控除して、残額を売り手に支払うこと。

データベース会員ログイン