コンテンツ

7c28j監督和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

監督

監督   01)
請負人は、適切且つ十分な人数の監督部員を雇うものとし、同人等は、最良質の迅速な工事を確保するような方法にて本件契約に盛込まれた種類の工事を監督する十分な資格を過去の経験から有しているものとする。

監督   02)
請負者は、工事の進行中、建設現場に駐在する有能な監督者及び必要な補助者を雇用するものとする。監督者と補助者は、請負者にとって満足すべきものでなくなるか又はその雇用を終了したとき以外更迭されないものとする。監督者は、請負者を代表し且つ請負者に代って行為する十分な権限を有するものとする。監督者に与えられたすべての通信は、請負者は与えられたかの如く拘束力があり、監督者により発注者に与えられたすべての通信は、請負者によって発注者に与えられたかの如く拘束力があるものとする。

監督   03)
売り手は、本契約により規定される機械及び機器の完全な設置及び据付けの監督を引受け、据付け自体は、前記( )工場の第1セット用の据付けがプラント現場に到着の日から( )カ月以内に及び( )工場の第2セットの据付けがその到着の日から( )カ月後に完了するような方法で請負者により施行される。

監督   04)
据付けが買い手の制御を超えた特別の理由以外の買い手の過失により( )カ月以上延長される場合には、据付けの完了の監督のため現場で維持管理される売り手の監督技術者の給料及び付帯料金及び費用は、その原価を買い手が負担するものとする。

監督   05)
サブコントラクターは、発注者又はコンサルタント技師により指定されたいかなる場所で開催される技術会議にも、その要員につきサブコントラクターの費用及び経費にて出席することに同意するものとする。

監督   06)
本契約の規定に基づいて、ABCは、下記の本装置を含むフィーダーの建設、試験及び時宜を得た完成について監督することに同意する。
a)( )の電熱処理
b)機械攪拌機
c)( )社製( )機械
上記の部品は、商社子会社を通して注文され、支払いされる。

監督   07)
ABCは、第( )条( )項から( )項に基づいて発生するその従業員の個人旅費及び生計費を負担する。

監督   08)
ABCは、XYZにおいて( )週間の期間、契約品の製造のために、本契約第( )条に規定のとおり( )の建設工事の点検及びその立ち上り運転について、ABCの従業員による技術上の監督に同意する。

監督   09)
ABCは、ABCが設計したエンジニアリング計画に従って、XYZが実施する工事期間中、XYZに対し監督サービスを提供し、XYZと共同して( )に本装置を取り付けるものとする。ABCは、建設現場にてXYZが行う工事に対し、助言、指示及び点検を行うものとする。

監督   10)
本契約の規定に基づき、ABCは、( )で生産される( )部品及び( )で生産される電気関連装置並びに( )引抜機械の取付けに関する技術上の助言と監督をXYZにおいて( )週間の期間提供することに同意する。

監督   11)
監督者の派遣は、請負者と施主間に適当とする時期の指定がなされた後行われるものとする。監督者は、建設現場において建設指示の作業規定に従うものとする。

監督   12)
施主は、建設現場において上記作業規則に従わない監督者を帰還させる権利を有するものとする。このような場合、当該本人の帰還に要する旅費は、請負者の負担とする。請負者は、できるだけ短期間に帰還した者の新交代者の派遣の責を負う。

監督   13)
請負業者は、本工事に関連するすべての安全予防策及び計画を立案し、維持し、監督する責任を負うものとする。

監督   14)
1.オーナーからの事前の書面による要請に基づいて、コントラクターは、オーナーが行う機械装置及びプラントの前記据付け、試運転、性能運転の指図及び監督に当たる適格なエンジニアを現場に派遣するものとする。
2.オーナー及びコントラクターは、コントラクターからの派遣についての予想される概要が下記のとおりであることに合意する。
a)プラントの据付開始からプラントの性能運転完了までのコントラクターの派遣エンジニアの予定合計数:( )人
b)必要とされる予定延人日数:( )人日
3.オーナー及びコントラクターは、前記コントラクターのエンジニアが必要とする実際の人日数が実際のニーズに合わせて、変更することに合意する。

監督   15)
1.XYZは、下記3項に規定の期間内に、機械の組立、運転開始及び試運転の監督のため、自己の資格のある技術者の派遣を約束するものとする。
2.監督者派遣の時期及び滞在期間は、ABCとXYZ間にて相互に合意されるものとする。
3.XYZの監督者派遣のための予定人/日は、以下のとおり。
a)本体用の据付けエンジニア;( )人/日
b)電気用の組立エンジニア;( )人/日
c)電線接続エンジニア;( )人/日
d)運転開始と試運転エンジニア;( )人/日
e)製造監督者;( )人/日
f)ABCの供給品の調達補助者;( )人/日
合計;( )人/日
4.派遣員の通常の雇用場所から( )往復の旅費は、XYZが負担するものとする。監督に関連して必要な( )国内の旅費、電子メール、電話、ファックス等の必要な通信施設は、無償にてABCが提供するものとする。
5.賄い付き宿泊所、各人員のための必要な家具、医療看護及びサービスがついた設備等の事務所及び生活施設は、監督者の滞在中無償にてABCが提供するものとする。

監督   16)
1.ABCは、最終船積みの受領の日から1日につき( )の率でXYZによって支払われる報酬で、プラント機器の試運転の期間中、監督エンジニアを提供することに同意する。XYZは、また( )と対象国間の往復航空渡航のためのエコノミークラス運賃のチケットを監督エンジニアに提供するものとする。この監督エンジニアの役務に関する諸条件は、同人の雇用の時にXYZと当該エンジニアとの間で締結される別個の役務契約の主題であるものとする。
2.XYZは、( )のプラント用地でプラント機器の最終船積みを受領した日から( )カ月以内に契約品の製造に必要とするプラント機器を、ABCの監督及び助言に従って建設するものとする。XYZは、プラントのための建物の建設及び据付けのためのすべての作業に関して責任を負うものとする。

監督   17)
ABCはXYZの書面による要請に基づいて、対象国において工場の設置及び据付けを監督するため及びそこでの生産設備の設置のためにABCが合理的に必要とみなす数のエンジニア及びその他の技術者をXYZに提供することに同意する。

監督   18)
1.売主は、下記のために1名以上の有能な技術者の役務を提供するものとする。
a)買主又は本追加条項( )項に述べられたその代行者に対し、買主によるプラントの据付けのため、並びに、契約に規定されているならば、買主によるプラントのコミッショニングのために必要な指示を与えること、並びに
b)売主の指示が為された方法を監督すること。
2.売主の要員の人数及び資格、並びに据付けの推定所要期間は、契約に規定された通りとする。
3.売主の要員が現場に到着すべき日は、契約に規定された通りとするが、そのように規定されていない場合には、買主は、到着を要求する事前通知を1カ月以上前に売主に与えるものとする。

監督   19)
1.請負者は、工場の据付に関する技術的監督と指導を引受ける。請負者は、その責任遂行のため、本契約第( )条に記載の十分な人数と資格を有する監督者を据付現場に派遣する。
2.監督者の任務は、施主の要員に対し工事施工に必要な指示を与えることと据付工事を監督することである。施主の現場職長の任務は、監督者の指示に全面的に従うことと監督者の監督のもとに厳正、正確且つ適切に据付工事を行うことである。請負者は、本契約の発効後遅くとも( )カ月以内に据付予定表を施主に提出するものとする。施主は、据付予定表の受領後( )カ月以内に審査し、受諾を請負者に与えることを約束する。( )カ月経過しても受諾通知がない時は、受諾されたものとみなされる。据付予定表が変更され、又は据付の途中で適切且つ必要な変更が予知された場合は、据付現場の施主管理者と監督者が合意する。

監督   20)
売り手は、プラントの基礎、建物、組立て、据付け及び試運転を指図し、監督する技術者、エンジニア、監督者のような本契約中にて以下エンジニアと称する技術部員を以下の条件により派遣するものとする。
a)売り手は、買い手に対しエンジニアが( )を離れる日、その人数、それぞれの任務、( )滞在期間及びその他の所要情報に関する( )日の事前通知を与えるものとする。
b)売り手は、各エンジニアに対しその( )滞在中、支払いを行うものとする。
c)エンジニアが、職務上に( )で国内旅行をする場合、買い手は、利用可能な最も適切で最も速い輸送便宜を提供するものとし、その費用は、買い手により負担され、支払われるものとする。
d)買い手は、エンジニアが買い手のプラントに到着前に、エアコン及び食事付き、ファーストクラスの家具付き居住設備を買い手の費用で手配するものとする。
e)買い手は、エンジニアの居住地区からプラントまでのエンジニアのための自動車輸送の便宜を無償で提供するものとする。
f)エンジニアが本契約に基づき勤務時間中に又はその他( )に滞在中に病気になり又はその他医療及び/又は治療を要する場合には、買い手は、その費用で前記エンジニアのためファーストクラスの病院での入院加療を含むすべての当該医療及び治療を提供するものとする。
g)エンジニアの就業日及び時間は、以下のとおりとする。
g)-i)月曜日から金曜日まで:昼食のため最大1時間を含む8時間/日
g)-ii)土曜日:3時間/日
g)-iii)日曜日及び法定休日:不就業
h)勤務時間中又はその他( )滞在中に各エンジニアに与えられる疾病又は入院加療の場合の全額有給の最大( )日の疾病休暇。
i)エンジニアによるその任務遂行に当っての指図は、買い手の作業員、技術者、随行者により遵守され、従われるものとし、技術者は、その意思に反し、毎日の生活に不便をかけられることは絶対にないものとする。

データベース会員ログイン