コンテンツ

7c26j技術指導、エンジニアの派遣等和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

技術指導、エンジニアの派遣等

技術指導、派遣   01)
売り手は、買い手の要請により、最終検収後、相互に合意された条件に基づき、買い手に代り買い手のプラントの運転と管理のための資格ある人員の選択、補充に助力する。

技術指導、派遣   02)
合計( )週間の滞在以後[第( )条( )項、( )項及び( )項]XYZは、ABCの従業員に、ABCの費用にて( )週間の期間( )に帰省するのを許可することに同意する。

技術指導、派遣   03)
更に、ABCは、XYZがABCに提示したすべての合理的質問に対する回答を、遅滞なく、その知識と情報が及ぶ限り、XYZに提供するものとする。

技術指導、派遣   04)
ABCの従業員のXYZでの滞在期間の合計が( )週間を超える場合、XYZは、それ以後に発生するすべての費用を負担する。この場合、XYZは、ABCの従業員1人1日あたり( )を支払う。旅費及び生計費は、別に計算され、( )週間毎にすべて計算される。

技術指導、派遣   05)
施主は、本契約第( )条に規定の往復旅費として、( )の総額を支払うことを引受ける。

技術指導、派遣   06)
契約には、それが妥当な場合、プラントを運転する買主の被雇用者に対し売主により与えられる指示について契約中に記述した諸条件を規定することができる。

技術指導、派遣   07)
上記の日当の購入者要員への支出は、購入者の書面による指示に従って商社により行われる。

技術指導、派遣   08)
本契約の規定に基づき、ABCは、希望があれば、1回につき( )から( )週間の期間、契約品の製造のためのフィーダーの取付けと試運転の前に、( )のXYZを( )回訪問することに同意する。

技術指導、派遣   09)
請負者は、同種のプラントの操業により取得し、利用するすべての経験及び知識を含むプラントのあらゆる部門に関する完全なノウハウ及び( )工場の経済的な稼動に関する完全な技術的知識を提供するものとする。更に請負者は、想定されているすべての等級の良質な( )の生産手段に関する自己の経験と知識、並びに重要な及び/又は不可欠なプラント、機械及び設備並びに原材料の調達に関する自己の経験と知識を提供するものとする。

技術指導、派遣   10)
1.XYZは、( )に派遣されるその人員のすべての給料、付加給付、渡航費及び生活費、並びにその他のすべての費用を支払うものとする。
2.本契約第( )条に従って( )においてABCにより提供されるすべての助言及び援助は、資料を移送するためのABCの費用の一部としてXYZに対しては無料とする。
3.すべての海外渡航人員は、同人等が渡航する国の慣例に従って通常の労働週の通常時間労働するものとする。
4.ABCは、( )におけるプラント機器の据付けに関してXYZを援助するものとする。プラントの操作を目的として、ABCは、( )名以上のエンジニアをXYZに提供し、XYZとの間のエンジニアの役務に関する諸条件は、当該エンジニアとXYZとの間で締結される別個の役務契約の主題であるものとする。ABCによってXYZに提供されるすべてのエンジニアは、英語を知得しているものとする。ABCは、本契約に基づいてABCがXYZに提供したすべてのエンジニアの職務及び義務の効率的履行に関して直接責任を負うものとする。

技術指導、派遣   11)
1.コントラクターは、その専門家を通して、プラントの据付け、保証テスト及び試運転の指示を引受けることを約する。この義務を履行するために、コントラクターは、専門家を対象国に派遣し、またその人数、階級、資格及び滞在期間については、本契約の付属書( )において示されている。
2.コントラクターによる対象国への専門家派遣に関する費用及びその他の条件は、当事者双方による別個の契約において合意される。

技術指導、派遣   12)
商社の施設において提供される技術援助の場合には、商社は、購入者の代表者に、ホテル代及び食費を含め1日当り(週末及び国民祝日を含む)( )相当の( )にて日当を支払う。この料率は、当事者間の合意により改訂することができる。購入者及び商社は、自社の要員の旅行の手配及び経費について責任を有するものとする。各当事者は、自社の要員の保護のために必要ないかなる保険についても責任を有するものとし、相手方当事者の来訪要員により要求されることのあるいかなる医療手当及び病院施設も手配し、無料で提供するものとし、その詳細は、付属書( )に添付されている。要員訓練及び技術援助プログラムの詳細は、付属書( )として本契約に添付されているが、これは、当事者間の合意により改訂することができる。訓練中については、商社が購入者要員に供給するすべての手引書及び文書は、無料とする。購入者の施設において提供される技術支援の場合には、購入者は、監督のための商社の専門家に対し、ホテル経費(週末及び国民祝日を含む)を負担するものとする。

技術指導、派遣   13)
1.いずれの当事者の人員も、ロイヤルティ期間中、製造システムの改良に関する有益な情報を取得するために、製造システムによる契約品の生産に使用している相手方の設備を訪問する権利を有する。但し、各訪問の前に、各当事者は、相手方に訪問の時期と期間を通知することを条件とする。訪問人員の給料、付加給付、並びに渡航及び生活費は、人員を派遣する当事者の勘定とする。
2.各当事者は、本契約に基づく相手方当事者の設備への訪問の期間中又はその結果、その代理人若しくは従業員の傷害又は死亡により生ずる損失又は損害について完全に責任を持つものとし、訪問されている設備の側の当事者又はその代理人若しくは従業員の故意又は過失による作為若しくは不作為による損失又は損害を除いて当該損失又は損害から相手方当事者を補償し、損害を与えないことに同意する。

技術指導、派遣   14)
1.請負者は、据付要員を派遣するものとする。当該要員は、契約機器が付属書( )の全体配置図面に従い現場において適切に組立てられ据付けられるようすべての技術面に対し責任を負うものとし、仕上げ塗装を含め、本据付工事をすべての点で一般技術標準に従い、付属書( )の工程表に従って完成するものとする。オーナーは、電気工、組立工、溶接工及びその他の熟練、未熟練労務者のような( )の人員を、請負者の据付要員の要求に従い及び要求のあった時、提供するものとする。この要求リストは、請負者より、オーナーに対し、必要時期以前に十分な時間的余裕を以って提出されるものとする。これらの( )人員の選定は、オーナー及び請負者が共同で行うものとする。これらの( )人員の内、請負者により、不適当又は好ましくないものとみなされた者は、1人又はそれ以上にせよ取り替えられるものとする。据付要員は、自己の支配を超えた事由により、引き起こされた災難については責任を免除されるものとする。
2.資格、経験、年令等、その他詳細事項を記入した請負者の据付要員の完全リストは、オーナーが関係当局から役務に関する承認をとることができるように据付要員が、( )を出発する( )カ月前に、請負者よりオーナーに提出するものとし、請負者の据付要員及び運転要員は、( )入国から出国まで、( )の慣習法に従うものとする。

技術指導、派遣   15)
1.ABCの書面による要請時で且つXYZがそれを適当と考えるとき、XYZは、技術者が派遣可能で両者の同意が得られることを条件として、両当事者の合意した合理的な期間、本プロジェクトに関してABCに役務を供与するため、適格な技術者を派遣するものとする。上記合意とは別に、XYZは、本プロジェクトに関して重要なコンサルティング業務が密集し、よってXYZがABCに密接な協力をして集中的に役務を供与することが効果的である( )までの期間、下記を条件としてABCに技術者を滞在させるものとする。
i)原則として、同一の技術者は、連続して( )日を超えて派遣されないものとする。
ii)上記期間は、当該期間の末まで必ずしもABCに技術者を滞在させる必要がないように情勢が変化する場合には、短縮されるものとする。XYZは、事前に各技術者の氏名及び履歴をABCに通知するものとする。
2.( )へ及びそこからの出発日及び到着日を含むXYZが派遣する技術者の延稼働人日数は、( )日を超えないものとする。但し、両者協議のうえ、上記稼働日数は、事業の進捗に従って必要と認められる場合、変更し得るものとする。
3.ABCに派遣された技術者の勤務時間は、各1時間の休憩を含んで、各平日には( )時から( )時、各土曜日には( )時から( )時までとする。
4.責任ある派遣員は、XYZのための工事の敏速な施工のための権限を付与されているものとする。

技術指導、派遣   16)
据付け、工場の操業開始、試運転及び保証の証明のため請負者は、別表( )のとおり監督者を派遣する。

データベース会員ログイン