コンテンツ

7c11j施主、注文者又は買手側の義務和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

施主、注文者又は買手側の義務

当事者の義務   01)
1.発注者の支配下にある情報及び役務は、工事の整然たる進行を遅らせないため合理的に速やかに発注者によって提供されるものとする。
2.発注者は、恒久的建築物のための地役権を確保し、且つそのための支払いをするものとする。
3.発注者は、ビル建設現場の物理的特徴、法的制限及び公共設備の場所を記載した報告書を提供するものとする。

当事者の義務   02)
オーナーの代理人は、以下のことを行うものとする。
a)建築及びシステム図面、並びに技術計算書の点検、コメント提供及び承認。
b)建造業者の工事の検査及び詳細技術に関する書面による助言。
c)適切な造船慣行に基づかない又は契約仕様書及び本図面の要件を遵守しない仕上り及び材料の不良品宣言。
d)工事の進捗と施工の点検及びオーナーと建造業者への遅延又は本契約の条件の不遵守の通知。

当事者の義務   03)
ABCは、XYZに対し、自らの費用で以下のものを供与するものとする。
a)XYZが本契約に基づき本役務を提供するために必要とみなす、すべての図面及び技術データ、
b)XYZのエンジニアが( )滞在中に要する適切な作業場、施設、工具、消耗品及び文具、c)XYZのエンジニアの( )滞在中にXYZがABCに要求した場合、いつでもXYZのエンジニアを援助するABCの人員。

当事者の義務   04)
請負人は、書面にてエンジニアが与えた基準の元になっている点、線及び水準に関し、真正且つ適切な工事の区間設定を行うこと、工事のすべての部分の位置、水準、寸法及び心合わせの正確性(上記に延べられた事項)、並びに工事に関するすべての必要な道具、機械及び労働力の準備について責任を負うものとする。エンジニア若しくはエンジニアの代理人が区間設定又は線若しくは水準をチェックしたことは、いかなる点においても請負人をこれらの正確性に関する責任より免除することはないものとする。

当事者の義務   05)
1.XYZが、付属書( )に規定したプラント機器の完全な利益を得ることができるようにするために、本契約当事者は、下記のとおり手続をするものとする。
本契約の締結日以後直ちに、XYZは、予定プラント用地における現在の状態、対象国における現行の技術水準及びそれらのもとで、その義務を十分且つ満足いくように履行するABCの能力に影響を及ぼす他の問題に関してABCが当該締結日に送付する質問に対して回答するものとする。
2.これらは、( )での検討のため両当事者が合意することのある詳細図及び仕様、配置図、機械配置及びその他の資料と共にABCに送付されるものとする。当該検討後、ABCは、それらの事項に従って得た有益な意見及び提案をXYZに提供するものとする。

当事者の義務   06)
ABCは、自己の費用と責任において以下の義務を履行するものとする。
a)XYZの及び/又はその下請業者の要員、代表者、監督者並びに技術者の( )入国及び継続的滞在に必要なすべての許可の取得。
b)機械の試験及び運転に要求されるエンジニアリングに必要なすべてのデータ及び情報、すべての必要な記録シート、配線図、化学物資、潤滑油、燃料油、更に他のすべての消耗供給品。
c)建設と据付けに必要な十分な労働力と材料及び機械の無負荷試験、運転開始、初期運転、受入試験、保守及び運転に必要な用役の提供。
d)ABC側の管理に基づく機械の建造、据付け、無負荷試験、運転開始及び初期運転、受入試験、並びに保守のための適切なチームの雇用。
e)XYZにより作成されるスケジュールとリストに基づき当該機械の試験と運転に必要な原材料と用役の提供。
f)すべての必要な社会的生産基盤の提供。
g)ABCの供給品とXYZの供給品の適切な貯蔵。機器、機械類及び材料の精緻な部分は、倉庫又は他の建物に保管されるものとする。
h)XYZの監督者のための、事務所、家具、電話、事務所機器、食堂、衛生設備、空調、医療看護及び施設等のような適切な施設の提供。
i)契約仕様書に規定された項目の提供。

当事者の義務   07)
1.オーナーは、プロジェクトの現場に関する物理的特性、法的制限及び用役の位置、並びに現場の法的説明を記載したすべての測量図を提供するものとする。
2.第( )条で定める場合を除いて、オーナーは、永久的な建造物の建設、使用又は占有、或いは現存する施設の永久的な変更について要求される必要な認可、地役権、評価及び手数料を確保し及びその支払をするものとする。
3.オーナーは、オーナーの管理下にある情報又はサービスを、工事の秩序立った進行における遅れを回避するために、相当な迅速さを持って提供するものとする。
4.コンタラクターは、仕様書の「工事の概要」項目に従った工事の遂行のために契約書類の写しの提供を受けるものとする。
5.オーナーは、すべての指示を、建築家を通してコントラクターに対して伝えるものとする。
6.上記の義務は、本契約の中で列挙されているオーナーのその他の義務及び責任、並びに特に第( )条それぞれにおけるオーナー又は別のコントラクターによる工事、支払い及び完成並びに保険に関する義務と責任に追加される。

当事者の義務   08)
1.施主は、請負者が付属書( )に言う工事のスケジュールに従って工事の施工を開始し、続行することができるようにするため妥当に必要とされるだけの現場の占有を請負人に与える。
2.施主は、本契約に関連して( )で必要な免許、査証、就労許可、入国用書類及び人員及び機器、並びに操業の同意を確保するにあたって請負者に助力を提供するものとする。当該助力は当該免許、査証等を取得のため請負者に提案されるガイドラインに限定される。それにもかかわらず施主は、これらの取得に際して起こる遅延に対し責任を負わない。
3.施主が提供する役務及びデータは「施主が提供する役務とデータ」という表題の付属書( )に詳述されるところによるものとする。施主が提供したデータは、請負者を本契約に基づく義務から免除するものではない。
4.施主は、また請負者による工事の施工に必要とされるその他の適切なデータ及び情報を請負者に提供することができる。請負者は、工事の施工において当該データ及び情報に依存することができるものとするが但し、請負者が当該データ及び情報の精密性、正確性を点検するという本契約に基づくその責任に合致する妥当な措置をとることを条件とする。
5.本契約の効力発生と同時に、施主は、本契約に関し施主に代って行為する権限を与えられたそのプロジェクトマネージャーを書面で指名するものとする。
6.施主は、周辺の境界を巡察する現場及び現場周辺のための保安隊を提供するものとする。施主による当該保安役務の提供は、請負者を工事防護の責任から、或いは当該材料、機器、施設又は進行中の工事に対する損失若しくは損害に対する責任からいささかも免除するものではない。
7.施主は、請負者が自由に現場に入ることができるように必要なすべての助力を提供するものとするが、但し、請負者が( )地区で実施されている施主の規則及び/又は一般規則を遵守することを条件とする。

データベース会員ログイン