コンテンツ

7a003j 製造プラントに関する契約書

英文契約書データベース > 請負・プラント関係契約書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ
和文契約書の後半部は非公開。会員様は和文、英文、中文の全部を閲覧・利用可能。

製造プラントに関する契約書

本契約は、( )年( )月( )日、( )法に基づいて正当に設立され、現存する法人で( )に営業所を有する( )(本契約中にて以下「コントラクター」と称する)と( )法に基づいて正当に設立され、現存する法人で( )に営業所を有する( )(以下「オーナー」と称する)との間で作成され、締結され、
以下のことを証する。
コントラクターは、( )の分野において、長年の経験を有しており、
コントラクターは、上記製品の製造に必要な一定の機械及び装置に精通し、これらをオーナーに供給する立場にあり、
オーナーは、コントラクター及び( )法に基づいて正当に設立され、現存する法人で( )に営業所を有する( )との間で締結された合弁事業契約に基づいて、コントラクターと上記( )が共同で設立し、所有し、支配し及び運営する合弁会社であり、並びに
オーナーは、( )の製造を目的として、コントラクターから上記機械及び装置を購入する意思があるので、
よってここに、本契約当事者は、次のとおり合意する。

第1条 定義
本契約に使用されるところにより、下記の用語は、頭文字が大文字で使用される場合、次の意味を有するものとする。
a)契約品:コントラクターからの実施権に基づいてオーナーが製造する( )で、その詳細事項は、本契約当事者間で別途決定される。
b)機械装置:本契約に基づいてコントラクターがオーナーに供給するプラント用のすべての資材、機械及び装置。
c)プラント:オーナーが建設する全施設で、機械装置は、その一部となる。
d)契約作業:機械装置の製造、調達及び供給、オーナーが行う据付け、試運転及び性能運転の監督、並びに本契約に基づいてコントラクターが、( )及び/又は現場において行うその他のすべての作業。
e)オーナーの代理人:オーナーに代わってオーナーの責務又は権利を履行する権利及び権限を有する、正当に授権されたオーナーの役員、エンジニア及びその他の者。

第2条 契約作業の範囲
コントラクターが履行する契約作業の範囲は、下記のとおりとする。
a)機械装置の供給
a)-i)製造
a)-ii)調達
a)-iii)引渡し
b)機械装置に関する現場での監督
b)-i)据付けの監督
b)-ii)試運転の監督
b)-iii)性能運転の監督

第3条 契約仕様
コントラクターは、( )工業規格及び本契約に基づく契約作業の履行過程で随時本契約当事者間で合意するその他の仕様に従って、製造、調達、監督及び技術書類の作成といった契約作業を履行するものとする。

第4条 技術書類の提供
1.コントラクターは、本契約第17条に定めるオーナーによる信用状の開設を条件として、本契約の発効と共に、機械装置に関する図面及びその他の技術書類を、オーナーに引渡すものとする。当該技術書類について、オーナーが、何らかの修正、改良及び/又は追加を要求した場合、両当事者は、当該修正、改良及び/又は追加がコントラクターが( )で行うその他の作業の計画と同様、機械装置の最終引渡時期内に行われる可能性がある限り、当該修正、改良及び/又は追加について合意に達するものとする。
2.オーナーは、コントラクターの書面による事前の同意なしに本契約に基づいてコントラクターが引渡した技術書類を複製しないものとする。そのように引渡され、オーナーが保有する技術書類は、オーナーにより厳重に秘密として保管されるものとする。

第5条 オーナーの立入り
コントラクターは、通常の作業時間中、契約作業又は機械装置が準備され、製造され及び保管されているコントラクターの又はコントラクターの下請業者の( )内の工場施設にオーナーが妥当に立ち入ることを許可するものとする。

第6条 船積前の検査/試験
1.コントラクターは、原則として、機械装置の( )からの船積みの( )日前に、オーナーに対して、機械装置の検査及び試験の用意が整った旨の書状を発行するものとする。オーナーは、当該書状を受領した場合、機械装置の検査及び試験の日程を決定し、コントラクターに通知するものとする。
2.機械装置の船積前の検査及び試験は、( )内のコントラクター及び又はコントラクターの下請業者の構内において、本契約第3条に定める契約仕様書及び本契約第4条に定めるコントラクターの技術文書に従って、オーナー又はオーナーの代理人の立会のもとに、コントラクターが行うものとする。
3.上記検査において、機械装置に規準以下の仕上り、技術的不適合又は瑕疵が判明した場合、コントラクターは、それらを是正するものとする。
4.オーナーが、合理的な理由なくして若しくは事前の通知なしに、上記検査及び/又は試験に立会いできないか及び/又はオーナーの代理人を立会いのために派遣できない場合、コントラクターは、オーナー又はオーナーの代理人の立会いなしに検査及び試験を行う権利を有する。
5.上記検査及び試験のため、オーナー又はオーナーの代理人に要するすべての交通費及び滞在費は、オーナーの負担とするものとする。

第7条 船積み
1.コントラクターは、オーナーに対し随時に、機械装置の製造、調達及び供給を行うものとする。機械装置の供給の引渡諸条件は、国際商業会議所(ICC)制定の最新の国際貿易条件基準(インコタームズ)に基づくFOB( )港渡しとする。
2.コントラクターは、本契約第17条に規定の信用状を受領した後( )日以内に出荷準備を完了するものとする。コントラクターは、出荷準備完了日を、当該出荷準備の日の少なくとも( )日前までにオーナーに通知するものとする。オーナーは、当該通知受領後( )日以内に、船舶名、船積代理店及び前記( )港への到着予定日をコントラクターに確認するものとする。オーナーは、( )向けの機械装置の引渡しをするために、前記( )港に船舶を直ちに手配するものとする。

3.( )港での出荷準備確認日について最大( )日間の遅延が、コントラクターに許されるものとする。また確認した当該( )港への船舶の前記到着日についても、( )日間の遅延がオーナーに許されるものとする。オーナーが船舶の前記確認済到着日について、いかなる方法であれ、( )日以上船舶手配が遅延した場合、コントラクターは、自らの判断で且つオーナーの勘定で船舶を手配し、機械装置を( )向けに船積みすることができるものとする。
4.船荷証券の各日付は、船積日の決定的な証拠とみなされるものとする。コントラクターは、船積後速やかに、オーナーに対し、船積通知をし、オーナーが機械装置の陸揚げを滞りなく行い得るように、船積書類を送付するものとする。

第8条 保険
オーナーは、オーナーの費用で、本契約で規定される( )港で機械装置を引渡しをした時以降について、海上運送保険をかけるものとし、更に戦争危険及びその他の特別危険に関する保険を機械装置にかけるものとする。オーナーは、更に、機械装置の仕向港から現場までの輸送に関する危険、その他現地保管中の劣化、盗難及び火災並びにプラント建設及び/又は据付中における第三者危険を含むすべての種類の損失に対する危険をカバーし、更にプラントの最終検収までの検査及び試験中の損失をカバーする保険をかけるものとする。

第9条 梱包
機械装置は、コントラクターの輸出梱包の標準仕様に従って梱包されるものとする。すべてのシッピングマークは、( )で記載されるものとし、詳細は、本契約当事者間で別途決定されるものとする。

「7a003j 製造プラントに関する契約書」の英文を購入する
<<ご購入手続きへ>>

商品内容は契約書の和文と英文のテキストデータです。LZH圧縮ファイルをダウンロードしてのご利用となります。「7a003j 製造プラントに関する契約書」の和文・英文のペアです。
金額は購入画面でご確認ください。

会員登録して「7a003j 製造プラントに関する契約書」を利用する
<<会員登録について>>

【会員のご登録がお済みの方は右のログインフォームからログインしてご利用下さい。】

データベース会員ログイン