コンテンツ

8c06j契約関係、独立性和文

契約書式・条項例収録リストに戻る
英文契約書式集のご購入手続きへ

契約関係、独立性

契約関係、独立性   01)
本契約は、本契約中に別途明確に定める場合を除き、目的のいかんを問わず、本契約中の当事者のいずれかを相手方当事者の代理人若しくは法的代表者として構成するものではなく、また本契約の当事者は、明示又は黙示とを問わず、相手方当事者の正当に授権された代表者の書面による事前の承認がない場合、相手方当事者に代わって又はその名義を使って何らかの義務又は責任を引き受け若しくは設定する権利又は権限を付与されるものではなく、また方法及び事柄のいかんにかかわらず、相手方当事者を拘束する権利又は権限を付与されるものではない。上述を制約しないが、代行店は、契約品の注文の受諾が契約品販売の条件と同様、会社と契約品購入者との間の合意に従属するものであることが明白に了解される。

契約関係、独立性   02)
代行者は、独立の契約者であり、代行者、その代理人又は被雇用者は、会社の被雇用者でなく、会社に代って契約を締結する権限を有しないものとする。すべての契約、販売、注文及び信用の延期は、会社の承認を条件とするものとする。

契約関係、独立性   03)
ドクターは、本契約中にて規定されたコンサルタント役務を引受ける独立した契約者であり、会社の被雇用人、代理人又は代行者としてみなされないものとする。

契約関係、独立性   04)
XYZは、いかなる種類の契約若しくは合意についても、ABCのために又はABCを法的に拘束し若しくは義務づけるその他のいかなる方法にてもこれを締結し若しくは合意する権能又は権限を有しないものとする。従って、本契約に基づいて行われる役務の履行においては、XYZは、何時にても本人として且つ独立の契約者として行動するものとし、いかなる点においてもABCの代理人又は被雇用者として行動しないものとする。また、XYZは、何時にても第三者に対し、いかなる点においてもXYZがABCの代理人又は被雇用者であるということを宣言又は表示しないようにするものとする。

契約関係、独立性   05)
1.本契約により委託された代行店の機能は、会社のために顧客から注文を取付けること、会社を助力するための契約地域での正当な契約品販売のための妥当な援助と役務の提供にある。
2.代行店は、会社を拘束するいかなる表示、保証、約束、又はいかなる他の行動もしないものとする、代行店は、本契約に基づいて明記された代行店の機能を超え、又は反して代行店がなした行為から生じたいかなるクレーム、責務及び責任からも会社を守り、保護し、防御し、補償し、且つ賠償するものとする。

契約関係、独立性   06)
本契約の締結は、いかなる方法においてもライセンサー、ライセンサーの親会社又はその他の企業体に対する所有権又は経営権をライセンシーに付与するものではない。ライセンサーとライセンシーの両者は、自主権のある企業体であり、それらの関係を完全に支配し、定義する本契約の条件に関するものを除き、すべての点において別個に行為することができることが明示的に認識されている。

契約関係、独立性   07)
本契約又は本件工事契約の中には、当事者等のいずれにも、信用を質に入れ又は他の者を拘束する負債若しくは債務を負担する権限を与える規定はない。但し、それらが書面にて明示的に授権されている場合はこの限りでない。

契約関係、独立性   08)
本契約に基づく及び共同事業に関するそれぞれの参加者の義務は、あらゆる場合において単独義務であるものとし、連帯義務又は連帯及び単独義務のいずれかではないものとする。本契約に含まれているいかなる定めも、参加者を他の参加者のパートナー、代理人又は法律上の代表者とするものとはみなされたり、或いはいかなる目的のために信託関係を創設するものとみなされたりしないものとする。本契約に特に別段の定めがある場合を除いて、参加者は、他の参加者又は共同事業のために行動する権限、或いはそれらの代わりに義務又は責任を負担する権限を有しないものとする。

契約関係、独立性   09)
本契約に基づき確立された顧客とABCの関係は、本人と代理人の関係であるものとし、またABCは、顧客の代理人として行為することにより、本機械の購入及び本システムの形成を実行するものとする。但し、ABCは、本契約に基づき意図された本機械又は本システムの販売において、本人、売り手又は買い手としていかなる方法によっても責任を引受けない。

契約関係、独立性   10)
本契約中に明示的に規定されない限り、いずれの当事者も、本契約又は本契約に含まれている何によっても、いかなる目的であれ他方の当事者の代理人又は代表者に指名されないこと、また本契約中の何であれ、いずれかの当事者に、他方の当事者のため又は他方の当事者に代わって、何らかの義務、保証又は責任を、明示であれ又は黙示であれ、引受け又は生じさせる何らかの権利又は権限を付与するものとみなされ又は解釈されないものとすることが、合意され及び了解される。

契約関係、独立性   11)
製造者の最終製品及び製品コンポーネントの販売を勧誘するにあたって、代理店は、製造者の顧客に対する見積書にて定められる価格及び条件のみを使用するものとし、代理店は、いかなる場合でもかかる見積書の写しを受取るものとする。代理店は、製造者を代理として契約書に署名したり、約束したり、代金を受取ったりする権限を授与されていないものとする。

契約関係、独立性   12)
本契約の適用上、借主の代理人若しくは従業者の作為、不履行又は不作為は、借主の作為、不履行又は不作為とみなされるものとする。

契約関係、独立性   13)
本契約に定めるいかなる事項も、貸主による貸借権設定の対象たる本件建物の他の部分に関する約定事項又は合意事項の履行を強制する権利を借主に付与するものではなく、或いは当該部分の約定若しくは合意事項について貸主が処理する権利又はそれに関して貸主が適切とみなす諸条件を何らかの方法で変更する権利を制限し、これに影響を及ぼす権利を付与するものではないものとする。

契約関係、独立性   14)
1.本契約のいかなる規定も、あらゆる目的のために、いずれかの当事者を相手方当事者の代理人としないものとする。いずれの当事者も、ある契約又は義務の履行に相手方当事者を拘束するか又は拘束することを企図しないものとし、相手方当事者を代理して契約を締結する権利を有することを何人に対しても表示しないものとする。
2.本契約に基づいて購入者によって履行されるべき義務(金銭の支払い以外の)は、一切、購入者の義務である。

契約関係、独立性   15)
本契約は、いかなる目的においても、ライセンシーをライセンサーの代理人又は法定代理人とするものではない。ライセンシーは、ライセンサーを代理して又はその名義で、明示的であると黙示的であるとを問わず、いかなる債務若しくは責務を引受け又は設け、或いはいかなる方法によるにせよ、ライセンサーを拘束する権利又は権限も与えられていないものとする。ライセンシーは、ライセンシー、ライセンシーの代理人又は従業員若しくはライセンシーの管理下で行為するいずれかの者が他の団体又は個人に被らせた物的損害又は傷害の結果としてライセンサーに発生する損害賠償、費用又は債務について、ライセンサーに補償しライセンサーが損害を受けないようにすることに同意する。

契約関係、独立性   16)
本契約中にこれと矛盾するいかなる規定があっても、被雇用者は、会社からあらかじめ書面による同意を得ないで、会社のため又は会社を代表していかなる契約又は言質を行う権限を有しないものとする。

契約関係、独立性   17)
本契約は、いずれかの当事者を相手方当事者の代理とせず、両当事者間にパートナーシップ、ジョイント・ベンチャー又は類似の関係を創設せず、いずれの当事者もいかなる点についても相手方当事者を強制又は拘束する権限を有しないものとする。

契約関係、独立性   18)
本契約は、組織者と製造業者の間において、共同事業、パートナーシップ、本人対代理人、雇用者対被雇用者又はこれらに類似の関係を設定しないものとする。

契約関係、独立性   19)
本契約当事者は、国際委員会、( )市又は組織者若しくは( )市の委員、理事、役員、従業員若しくはその他の代表者のいずれも本契約に関して何らかの財政的責任及び義務を負わないことを合意する。

契約関係、独立性   20)
代行店の自営及び独立状態は、本契約に影響されないものとする。代行店は、自己の責任において営業及び出張計画を立案し、実行するものとし、またいかなる労働時間スケジュールにも拘束されないものとし、更に本契約中で合意された以外の会社からのいかなる指示にも従わないものとする。

契約関係、独立性   21)
被保証者は、保証者の直接支配下にない独立の契約者であり、また、保証者を拘束し又は保証者の事前の文書による承認なしに保証者の債権を質入れする権限を有しない。

契約関係、独立性   22)
1.いずれの一方当事者も、相手当事者に対し、独立の契約当事者である。
2.いずれの一方当事者も、相手方当事者に代わって行為し、或いは相手方当事者に代わって契約を締結し、或いは相手方当事者をいかなる契約又は取決めに拘束する権限を有さず、またかかる権限を有すると自己表明しない。
3.いずれの一方当事者も、相手方当事者が自己の又は自己の被雇用者若しくは使用人の行為に責任を負うとの表明を、いかなる方法においても行わないものとする。
4.本契約は、両当事者間の合弁事業、代理若しくは組合を成立させるものではなく、また、雇用者と被雇用者の関係を成立させるものではない。
5.いずれの一方当事者も、自己の、又は自己の代理人、使用人若しくは被雇用者の過失、行為、不作為から発生し、或いはそれに関連するいかなる種類の損失、損害、費用(妥当な弁護士への報酬を含む)についても、相手方当事者に補償することに同意する。

契約関係、独立性   23)
代理店は、独立した契約者であること、製造者の直接的管理に服さないこと、製造者を拘束したり、製造者を代理して何らかの代理業務を行ったりする権限を授与されていないことが、本契約両当事者により了解されるが、製造者により随時書面をもって授権されることのある製造者の最終製品及び製品コンポーネントに関するものはこれを除く。代理店は、製造者の被雇用者としての利得を与えられるものではない。

データベース会員ログイン

世界の海援隊