コンテンツ

4a064j 品質保証協定書

国際ビジネス支援DB > 業務委受託関係契約書式集 > 和文契約書

この契約書の英文へ

品質保証協定書

(   )(以下「ABC」という)と(   )(以下「XYZ」という)とは取引基本契約書に基づき、XYZがABCに納入する製品の品質保証に関し次の通り協定する。

第1条 目的
本協定書は、製品品質の維持向上をはかるためにABC及びXYZが実施すべき諸事項を定め、ABC、XYZ双方の品質保証体制を確立すると共に、顧客の満足を得ることによってABC、XYZ両企業の発展に寄与することを目的とする。

第2条 品質の保証
1.XYZは納入品に対し、ABCが要求する品質を満足し、かつ信頼出来るものであることを保証する。
2.XYZは第3条によりABCが指示する品質仕様に適合する納入品を製造し、第4条によりABCが確認した検査基準書に従って自主検査を実施の上、それに合格したものをABCに納入するものとする。
3.検査設備がなく、XYZで検査出来ないものについては、ABCに試料を送り検査を依頼することが出来る。

第3条 品質仕様の指示
1.ABCは要求する品質を図面及び必要に応じて品質仕様書により、XYZへ提示する。
2.ABCが提示した品質使用に疑義が生じた場合、または変更を希望する場合、XYZは速やかにABCへ申し入れ協議するものとする。

第4条 検査基準書等の確認
1.XYZは納入品に対し、ABCの指示に従い検査基準書を作成しABCへ提出の上確認を受けるものとする。
2.XYZはABCが要求した場合、納入品に対し(   )その他の資料を作成し、ABCに提出の上確認を受けるものとする。
3.ABCが確認した検査基準書、(   )に変更がある場合には、事前にABCへ届け出るものとする。

第5条 荷姿
ABC及びXYZは納入品の防錆、防塵、防傷、その他の品質維持を目的として、協議の上荷姿を設定するものとする。

第6条 初期ロット管理
1.XYZは納入品が次の各項に該当する場合、該当納入品の初期品質を早期に安定させるため、初期ロット管理の要領を定め実施するものとする。
a)ABCの新規発注品の場合。
b)ABCが設計変更または、仕様変更をした場合。
c)XYZが原材料、製造工程、設備機械、治工具の変更、鋳型の更新等が必要となった場合。
d)不具合対策を実施した初回ロットの場合(別途指示ある場合は指示に従う)。
e)その他 品質に影響するものと考えられる条件を変更する場合。
2.ABCは第6条1項b) の場合XYZに対し事前に内容を連絡し、必要に応じてABC、XYZ協議の上変更によるトラブルの防止をはかる。
“3.XYZは第6条1項c), d), e) を実施する場合、事前に初期管理申請書によりABCに連絡する。”
4.XYZは初回ロット品を納入する場合、現品に初回ロット表示を付ける。(別途指示ある場合は指示に従う)
5.XYZは初品に対し初品検査を実施し、検査成績表を添付の上ABCに納入するものとする。

第7条 製造工程の管理
1.XYZは製造工程の管理体系を確立し、その維持向上に努める。
製造工程の管理体系には、下記の事項が含まれる。
a)(         )
b)(         )
c)(         )
d)(         )
e)(         )
f)(         )
g)(         )
h)(         )
i)その他
2.XYZは、納入品に対し品質保証上必要な製造履歴を明確にするため、ロット管理の要領を定め実施するものとする。

第8条 監査
1.ABCは、必要に応じてXYZ了解の上、XYZの品質保証体制の監査及び納入品の立入検査を実施することが出来るものとする。
2.ABCの監査結果に基づきABCより改善勧告を受けた場合は、XYZは速やかに改善計画及びその実施結果をABCに報告するものとする。

第9条 クレーム補償
1.XYZの納入品において、ABCまたは顧客にてクレームが発生した場合、ABCはXYZの責任によるものか確認し、原因がXYZにある場合は、ABCはXYZに再発防止対策の指示を行う。
2.XYZはクレームの原因究明、対策実施、確認を行なった上で、ABCに報告する。
3.クレームによりXYZがABCに与えた損害については、XYZはその全額をABCに支払う。但し、クレームの原因がABCとXYZ両者にある場合は、協議の上決定するものとする。

第10条 品質保証責任者の届出
XYZは、納入品に係る品質保証責任者を選任し、ABCに届出るものとする。品質保証責任者に変更があった場合、速やかにABCに届け出るものとする。

第11条 その他
1.本協定書に定めがない品質保証上の問題で疑義が生じた場合、ABCに申し入れ協議するものとする。
2.本協定書の有効期限は協定締結の日から満(  )年とする。但し、期間満了(  )ヶ月前までにABCまたはXYZから内容の変更、もしくは協定解除の申し出がない時は更に1ヶ年有効とし、その後も同様とする。

上記協定を証するため、ABCとXYZは、本協定書を2通作成し、各1通を保有する。

ABC:
署名:
氏名:

XYZ:
署名
氏名:

関連記事

コメントは利用できません。

データベース会員ログイン

世界の海援隊