中国ビジネスに関係する法規をご紹介します。

中国経済関係法規の種類例図


目次で探す

クリックしてください。
法規の目次が表示されます。

中国とのビジネスに携わっている企業は必見必読!

中国とのビジネスを進めていく上で知っておくべき中国経済関係法規集です。
中国における経済法は、「社会主義」から「市場経済」へと大きく変革を遂げた過程で、それを追随するように、形成されていったものです。
その点から、中国経済法が構成されていく過程を基準として4つに分類できます。

[1] 経済組織法規
改革開放の初期段階にあった中国が、外国からの資本誘致を最大の経済課題として、それに全力を挙げていた時期にできた法規です。
重要法規としては、「中外合弁企業法」「外国投資企業法」「中国合作経営企業法」「私営企業法」「企業法」などがあります。

[2] マクロ経済の調整に関する法規
市場経済の未熟な部分を補い、市場原理の導入を試みるためにできた法規です。
重要法規としては、「都市不動産管理法」「土地管理法実施条例」「証券法」「外国金融機関管理条例」「会計法」「税関法」「環境保護法」などがあります。

[3] 市場メカニズムに関する法規
中国が社会主義を堅持しつつ、市場原理、原則をいかに貫くかが試みられている法規です。
主要法令に「契約法」「不正競争防止法」「広告法」「製品品質法」などがあります。

[4] 社会分配に係わる法規
中国進出企業の現地においての企業運営に最も重要な意味をもつ法規です。
予算、給料、奨励金、救済金、社会保障に関する法規が含まれています。

以上のように、中国経済法規が構成される過程をご理解したうえで、この中国経済関係法規集をご利用していただくと、より一層、中国の経済法規をご理解いいただけるかと思います。

検索キーワード例

民法 中外合弁企業 中外合作企業 外資企業 解散 破産 契約 紛争 無効 担保 抵当権 債権 連帯責任 弁護士 パートナーシップ 登記 企業法 環境保護 エネルギー 証券 先物 銀行法 会計 投資 貿易 ダンピング 輸出入 外国為替 外貨 著作権 特許 商標 入国



国際事業開発株式会社(IBD Corporation)〒102-0076 東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル
TEL (03)3261-5051 FAX (03)3261-3108
IBD Corporation has all copyrights to these Homepages, provided that copyrights to all data in Database thereof are owned and licensed by Susumu Ishigami.