国際ビジネスを行う場合、全般に共通する必須事項に関する基礎的知識が得られます。正会員様は、「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインされると、ご希望のデータを閲覧できます。
国際取引と契約書作成の意義
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・地理的問題・地理的隔離
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・地理的問題・自然条件
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・文化的問題・言語の相違
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・文化的問題・教育水準の相違
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・文化的問題・宗教問題
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・文化的問題・マスコミの発達度
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・社会的問題・慣習の相違
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・社会的問題・価値観の相違
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・社会的問題・対日感情
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・政治的問題・政権の安定度
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・政治的問題・貿易政策
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・経済的問題・産業の発達度
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・経済的問題・流通機構の相違
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・経済的問題・経済団体の機能
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・労働問題
国際取引契約の特殊性・国内取引と国際取引の違い・行政指導問題

信用調査の意義
信用調査の必要性
信用調査の必要性・経済的信用性
信用調査の必要性・人格的信用性
信用調査項目・一般的調査項目
信用調査項目・経済的信用に関する調査項目
信用調査項目・人格的信用に関する調査項目
信用調査項目・総合所見
信用調査機関

国際企業法務の必要性
国際企業法務の意義
国際企業法務と弁護士等専門家
国際企業法務担当者に要求される特殊能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・国際的センス
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・交渉能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・協調能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・包容能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・企画能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・情報収集能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・分析能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・推理能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・説得能力
国際企業法務担当者に要求される特殊能力・応用能力

国際取引のプランニングと交渉・国際事業の失敗と交渉の失敗
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・発案段階の交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・構想段階の交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・方針設定段階の交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・立案と実施計画段階の交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・実施段階の交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・実施段階の交渉・契約の締結交渉
国際取引のプランニングと交渉・事業の各推進段階における交渉・実施段階の交渉・取引の実施中に発生する交渉
国際取引のプランニングと交渉・完了、事後処理段階における交渉
国際取引のプランニングと交渉・国際取引のプランニングと交渉・外国企業との交渉
国際取引のプランニングと交渉・外国企業との交渉・自社の立場を相手に正しく認識させること
国際取引のプランニングと交渉・外国企業との交渉・自社の主張を正しく伝達すること
国際取引のプランニングと交渉・外国企業との交渉・相手の立場を正しく理解すること
国際取引のプランニングと交渉・外国企業との交渉・相手の意思を正しく理解すること
国際取引のプランニングと交渉・外国企業との交渉・一般的ポイント

契約自由の原則
契約自由の原則・契約締結の自由
契約自由の原則・相手方選択の自由
契約自由の原則・内容決定の自由
契約自由の原則・方式の自由
契約自由の原則・自由の制限と国際取引契約

任意法規
強行法規
取締法規
効力法規
公序良俗
各種法規の相互関係
諸法規の種類の判定
各種法規と国際取引契約・契約内容自体との関係
各種法規と国際取引契約・契約の発効との関係
各種法規と国際取引契約・法令等と契約条項との抵触
各種法規と国際取引契約・条件付きの認可
各種法規と国際取引契約・当事者による悪用
実体法と訴訟法の区分
実体法
訴訟法
実体法と訴訟法の区別の意義
実体法と訴訟法の区別と契約上の意義
準拠法の意義
準拠法・意思主義
準拠法・日本における国際私法
準拠法・各国における国際私法

和解
和解・日本法・対象となる争い
和解・日本法・相互の譲歩
和解・日本法・和解による法律関係の確定
和解・日本法・和解と錯誤
和解・米国法
和解・米国法・Accord and Satisfaction
和解・米国法・Compromise and Settlement
和解・米国法・Novation
和解・米国法・Covenant not to sue
和解・米国法・Release
和解・米国法・和解の効果
和解・米国法・和解のenforceability
和解・米国法・錯誤との関係
和解・和解契約書の作成

斡旋
調停
訴訟
訴訟・裁判権と裁判管轄権
訴訟・法人その他の団体および国の普通裁判籍
訴訟・財産権上の訴の裁判籍・義務履行地の裁判籍
訴訟・財産権上の訴の裁判籍・財産所在地の裁判籍
訴訟・業務に関する裁判籍(事務所・営業所所在地の裁判籍)
訴訟・応訴管轄
訴訟・合意管轄
訴訟・国際取引契約書と裁判管轄条項
仲裁・概念
仲裁・仲裁判断の効力と取消
仲裁に関する国際条約
仲裁に関する国際条約・ジュネーブ議定書
仲裁に関する国際条約・ジュネーブ条約(1927年)
仲裁に関する国際条約・ニューヨーク条約(1985年)
仲裁に関する国際条約・二国間条約
仲裁契約
仲裁契約・仲裁に付託される紛争等の範囲
仲裁契約・仲裁地
仲裁契約・仲裁機関
仲裁契約・仲裁規則
仲裁と準拠法
仲裁と訴訟の比較
仲裁と訴訟の比較・国際的効力
仲裁と訴訟の比較・仲裁許容性と裁判管轄権
仲裁と訴訟の比較・手続機関
仲裁と訴訟の比較・経済性
仲裁と訴訟の比較・仲裁人と裁判官

日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度
日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度・英米法上の普通法と衡平法
契約法に関する日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度・商人と商行為
契約法に関する日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度・承認と商行為・法体系
契約法に関する日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度・契約の概念
契約法に関する日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度・保証と瑕疵担保
契約法に関する日本法と英米法の違い・基本的相違点・裁判制度・救済
米法上の口頭証拠法則
米法上の口頭証拠法則・原則と例外
米法上の口頭証拠法則・原則と例外・契約不存在の場合
米法上の口頭証拠法則・原則と例外・部分的表現(partial integration)の場合
米法上の口頭証拠法則・原則と例外・解釈証拠(interpretative evidence)の場合
米法上の口頭証拠法則事例
口頭証拠法則と国際取引契約

契約の方式・日本法
契約の方式・ドイツ法
契約の方式・フランス法
契約の方式・メキシコ法
契約の方式・英米法
契約の方式・英米法・約因の所在
契約の方式・英米法・捺印証書
契約の方式・英米法・書面による契約
契約の成立と発効・申込みと承諾
契約の成立と発効・申込み(Offer)
契約の成立と発効・申込みの効力
契約の成立と発効・申込みの撤回
契約の成立と発効・承諾 (acceptance)
契約の成立と発効・予備的合意
契約の成立と発効・部分的合意
契約の成立と発効・条件付き契約
契約の成立と発効・署名・意義
契約の成立と発効・署名・署名者
契約の成立と発効・押印
契約の消滅
契約の消滅・frustration
契約の消滅・契約の解除による消滅と frustrationとの相違
契約の消滅・後発的な履行不能・消滅事由

代理店法と国際取引
代理店法・制定目的
代理店法・制定目的・弱者保護
代理店法・制定目的・国益の保護
代理店法・制定目的・国内産業の保護
代理店法の内容
代理店法の内容・契約の成立の認定
代理店法の内容・契約の終了および解除の条件
代理店法の内容・契約の解除ができる正当な理由
代理店法の内容・補償金
工業所有権法と国際取引
各国における工業所有権制度の違い
各国における工業所有権制度の違い・特許
各国における工業所有権制度の違い・商標
工業所有権制度・国際条約と日本
工業所有権制度・パリ条約
工業所有権制度・工業所有権に関わる紛争

ノウハウの定義
ノウハウの態様
ノウハウの経済性
ノウハウの秘密性とその保護
独占禁止法・独占禁止法と国際取引
独占禁止法・独禁法と契約
日本国の独禁法
日本国の独禁法・私的独占の禁止および公正取引の確保に関する法律
日本国の独禁法・輸入総代理店契約に関する認定基準
日本国の独禁法・特許ノウハウライセンス契約における不公正な取引方法の規制に関する運用基準
日本国の独禁法・特許ノウハウライセンス契約における不公正な取引方法の規制に関する運用基準・原則として不公正な取引方法に該当しないと認められる事項(白条項)
日本国の独禁法・特許ノウハウライセンス契約における不公正な取引方法の規制に関する運用基準・不公正な取引方法に該当するおそれのある事項(灰色条項)
日本国の独禁法・特許ノウハウライセンス契約における不公正な取引方法の規制に関する運用基準・不公正な取引方法に該当することになるおそれが強い事項(黒条項)
日本国の独禁法・特許ノウハウライセンス契約における不公正な取引方法の規制に関する運用基準・特徴
米国の独禁法
EUの独禁法

外資法と国際取引
外資法と国際取引・各国の外資関係法の目的
外資法と国際取引・各国の外資法の取扱い
外資法と国際取引・国際貿易条件基準(インコタームズ)
外資法と国際取引・国際貿易条件基準の意義
外資法と国際取引・国際貿易条件基準の制定の経過
外資法と国際取引・2010年国際貿易条件基準
外資法と国際取引・国際貿易条件基準利用上の注意
外資法と国際取引・米国の貿易条件
外資法と国際取引・インコタームズのFOBとUCCのFOBの比較
信用状統一規則・信用状に関する知識
信用状統一規則・信用状のメリット
信用状統一規則・信用状と銀行の立場
信用状統一規則・制定と改訂



国際事業開発株式会社(IBD Corporation)〒102-0076 東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル
TEL (03)3261-5051 FAX (03)3261-3108
IBD Corporation has all copyrights to these Homepages, provided that copyrights to all data in Database thereof are owned and licensed by Susumu Ishigami.