ビジネス・モデルの構築助言、ビジネス推進実務ガイダンス、英文契約書案の作成、
資金調達&海外株式上場支援、ビジネス・パートナー紹介。


信頼していた会社と訴訟問題・・・
 未熟な契約書はトラブルになってから
 わかる

リスクの無い契約書作りを目指せ!
 そのためにはどうする?

   迷ったら

     
  まず、海外との契約前にIBDに相談!
                

IBDは日本企業の国際紛争を減らしている会社です!

初回無料相談を利用すれば違いがわかる!

初の国際取引でも安心!

実務に精通した熟練者のアドバイスがそこに!

【IBDのコンサルティングの特徴】

・IBDは、次のような案件を数千件こなしてきました


ビジネス案件: 輸出入(貿易)、 販売店又は代理店の設置、 海外生産調達、業務委受託、 共同研究開発、 知的財産(特許、実用新案、商標、デザイン、ノウハウ、トレードシークレッツ)ライセンスまたは譲渡、 フランチャイズ、 設備・プラント建設、エンジニアリング、海外現地法人・駐在事務所・支店の設立、合弁事業、 企業買収(M&A)、 コンソーシャム、 業務提携、海外研修生の受け入れ、その他プロジェクト。

上に記載した各案件に伴う業務:英文(その他言語)レターの作成、外国諸制度の調査、海外市場調査、海外取引相手の調査と評価、外国人の雇用と労務管理、外国ビザの取得、PL(製造物責任)対策、海外での知的財産の登録と管理、危機管理、外国法の調査、国別諸税の調査、海外からの事業撤退支援、国際事業に関する政府補助金の調査、外国人弁護士・会計士の調査、その他国際事業に関する諸業務。


 

・正しいビジネスモデルこそが、利益を何倍にもします


?IBDは、お客様の実情と事業環境を踏まえ、お客様の事業のグランド・デザインをしたうえで、事業収益を上げるために最も合理的なビジネスモデルを提案します。IBDのビジネスモデル作りの支援は、過去の数千件の実績に裏打ちされたもので、目の前にある現実の事業が円滑に進められ、目標にたどり着くようにすることを特徴とします。
例えば:輸出事業では、継続的な安定取引や販売店か代理店の設置。輸入事業では、敏速な一手輸入権の取得。海外生産調達事業では、製造請負方式と製造委託方式のどちらを選択すべきか。知財事業では、知財の譲渡(譲受)か(各種)ライセンス方式のどちらが得か。投資事業では、現地法人の設立、単なる他社の株式の取得、合弁会社の設立、企業買収(M&A)のどれが得策か。プラント事業では、コスト・プラス型、FOB型、ターンキー型等で、何をどこまで保証するか。などについて、事業背景やお客様の実情に合った方向で、高収益のビジネスモデルの構築に関するコンサルティングをさせて頂きます。

・英文契約書のドラフティングから、相手方の説得まで行います


IBDでは、お客様のご要望の取引内容を伺ったうえで、それに適合する契約書案の作成に協力させて頂いています。
例えば:先ず、事業背景をお伺いし、お客様のご希望のビジネスモデルに合わせて、契約書案を提示させて頂きます。また、相手方から提示された契約書を検討して、その問題点について意見を申し述べます。必要とあらば、契約書の修正も行います。提案した契約書案に対して、相手方からカウンター提案がある場合、ご要望に従って、その吟味をし、妥協点を見つけるように修正案を作成します。これらの間、ポイント部分について、相手方を説得する文章も作成します。

・国際ビジネス実務に精通していると、トラブルを避けられます


国際ビジネス実務に精通し、これを駆使してコンサルティングを進めるというのがIBDの最大の特徴です。IBDは、具体的なビジネスの進め方について現実に即した助言をします。また、外国のビジネスパートナーから、聞き慣れない用語(外国語)で提案があったりしたばあい、先ず、IBDにご相談してみて下さい。殆どのタームは、IBDがご説明できます。更に、問題が発生しそうな場合、IBDにご相談頂くと、問題回避のための方法を提案させて頂きます。国際紛争で裁判や仲裁になってからでは、莫大な費用が掛かりますので、トラブルは未然防止が大切です。

・ビジネス展開や契約書の成功例・失敗例を説明します


IBDのコンサルティングは、主にトラブル回避という観点から行われています。企業では、トラブルが起きてから手を打つのでは遅すぎます。しかし、経験が少ないと、トラブルが何から発生するのか想像がつきません。心配し過ぎても事業は進展しませんが、あらかじめトラブル回避対策を取っておくに越したことはありません。そこで、過去の成功例や失敗例に学ぶということも必要です。IBDのコンサルタントは、1万件にも及ぶトラブル実例を踏まえ、長年に亙って見てきた国際ビジネスの成功例と失敗例をお客様にご説明し、お客様が確実に成功して頂くビジネス・モデルや契約書案についてガイドしています。

・国内事業に関してもご相談に応じています


今はグローバル活動時代です。国内事業といえども、国際情勢を踏まえたビジネス展開が必要です。これに伴って国内事業もより複雑化していますが、どの企業もこれを克服しなければなりません。IBDのコンサルティングは、国内事業もその対象としています。
特に、中小企業様に対しては、きめ細かくコンサルティングをさせて頂いております。身近な相談相手として、どんなことでもIBDをお気軽にご利用ください。

【コンサルティング料金等】

【1】対象案件
先ず、IBDまでお気軽にご相談ください。初めてご相談される案件について、初回のご相談は無料です。
【2】アポイントメント
事前に、メールまたはお電話で、案件内容をご説明いただき、面談コンサルティング日時を決めさせていただきます。
【3】コンサルティング方法
原則として、弊社へご来社して頂きます。但し、遠隔地の方は、電話、メール、ファックス等でご相談していただきますと、後刻、IBDのコンサルタントが電話またはメールで回答させていただきます。
【4】コンサルティング料金
1)時間制
事前ご相談のうえ、案件の難易度、事業規模、利益額等で単価を決めさせていただきます。
2)成功報酬制
成約した場合に、一定料率の成功報酬をお支払いいただきます。成功報酬単独で、または他の料金算定方法との併用とするか、事前または適宜に協議させていただきます。
3)特別顧問制
月間定額コンサルティング料により、その範囲内でコンサルティング・サービスが受けられます。年間顧問契約によります。
●事前御見積
対象案件について、コンサルティング料金がいかほどか事前に御見積をいたします。無料ですのでお気軽にご相談ください。
(IBDの正会員様は、上記の全てについて25%の割引料金となります。)

【コンサルティング受託要領】

手順1 : ご相談
先ず、ご連絡、ご相談下さい。状況をご説明頂ければ、IBDがお客様のために何ができそうかをお話しいたします。
手順2 : IBDからのプレゼンテーション
ご相談の結果を踏まえて、IBDのサービスの提案をさせていただきます。
手順3 : 協議
IBDのプレゼンテーションに基づいてお客様と協議させていただきます。
手順4 : コンサルティング契約
事前協議の上、コンサルティング内容、コンサルティング期間、コンサルティング料等を決定します。必要に応じて文書でコンサルティング契約を交わします。
ここまでは、コンサルティング料は発生いたしません。
手順5 : コンサルティング開始
コンサルティング契約を交わした後、サービスに着手いたします。面談コンサルティングは、事前のアポイントメントが必要です。
手順6 : コンサルティング終了
サービスの完成またはコンサルティング契約期間の終了によりコンサルティングが終了します。
手順7 :コンサルティング料のお支払
コンサルティング料は、毎月末出来高払いか、コンサルティング契約に従ってお支払いいただきます。
●お問合せ・お申込みは、お気軽にご連絡下さい。
TEL:03-3261-5051
FAX:03-3261-3108
E-mail:ibd_consult@ibd-net.co.jp
? ??



国際事業開発株式会社(IBD Corporation)〒102-0076 東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル
TEL (03)3261-5051 FAX (03)3261-3108
IBD Corporation has all copyrights to these Homepages, provided that copyrights to all data in Database thereof are owned and licensed by Susumu Ishigami.